JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんにちわ。聴川と申します。 12歳のオス猫、虚勢済みを飼っています。 1月に食欲がなくなり病院へ連れて行き

解決済みの質問:

こんにちわ。聴川と申します。

12歳のオス猫、虚勢済みを飼っています。
1月に食欲がなくなり病院へ連れて行きました。口内炎が出来ていて注射をしたら回復したのですが
2週間後にはまた食べなくなり、病院へ。血液検査をしたらGOTが71、7。GPTが75,3で肝臓が
悪いと言われ入院して点滴をしましたが良くならずで、、自宅で点滴もしていましたが動いてしまう
ので結局ダメになり、点滴も入らない状態になってしまいました。1月31日から皮下注射に変えて
毎日通いましたが病院側から助かる見込みがないからお家であなたがやってあげてと3日前に言われ
今は、リンゲル液を1日に200ずつ打っています。私は離島在住、八丈島なのですがこちらには動物病院が
一軒しかありません。猫は相変わらず食べてくれずぐったりしています。もう助かる見込みはないのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

肝臓の数値としては、確かに高いとは思いますが、そこまで悪いというわけではありません。
肝臓の数値だけからでは正直何とも言えないのが事実ですが、もししばらくほとんどまともに食べていないのであれば、状況としてはかなりまずい状態になっているのは確かかかと思います。

肝臓の数値がそれくらいになる原因はかなり様々です。
肝炎、胆管炎、胆嚢炎、胆管閉塞、肝臓がん、胆嚢癌、膵炎、十二指腸炎、中毒、飢餓、薬剤性…。
それぞれによって治療方法が異なり、治癒する見込みがあるものも多いです。

可能性があればできる限り 治療したいというのであれば、大きめの病院でしっかり原因を見てもらい、そこで回復の可能性がありと判断されれば、再度入院するのがいいかと思います。
血液検査では肝臓に何らかのダメージや負担がかかっているというのはわかりますが、それがどこからきているかはエコーを撮ったり、場合によっては生検をしないとわからないことも多いです。
そして大本の原因によって治療が大きく変わってきます。

可能性がある限り治療を望まれるのであれば、しっかりした検査をしていただくのがまずは第一だと思いますし、それをしないで可能性があるかどうかは何とも言えません。
原因次第では助かる見込みはまだまだあると思われたほうがいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
検査結果次第で治療法は変わってくるかとは思いますが、経過から判断するに、治療をするなら入院での集中治療は必要になるかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。大きい病院と言うと飛行機で連れて行かなければ
なりません。飛行機の恐怖でショック死などの恐れはありませんでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ショック死というのは可能性としては低いですが、確かに気圧の関係で調子を崩す可能性はあります。
フェリーなどで行くのは難しいのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
船だと10時間かかります。。。飛行機だと40分です。。。

私自身が空港で働いているのですが3月始めまで仕事も休めません。。

それまで皮下注射とスポイトであげているお水、無理におしこんで

食べさせている缶ずめなどで大丈夫でしょうか?リンゲル液も1日200より

増やした方が良いのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですか…地理に疎くて申し訳ありません。

正直なところ、食べてくれずぐったりしているのであれば、3月までとなると、かなり状態が悪くなる(場合によってはなくなってしまう)可能性があるのではないかと思います。
特に猫ちゃんがぐ ったりして食べてくれないという状態は3日以上続けば危険だと思います。

体重が減っているのであれば食べる量は増やした方がいいですが、下痢や嘔吐が出てくると増やすのが難しくなります。
また、点滴はそれ以上増やすのは状態を見てからでないと危険です。
増やしすぎると胸に水がたまってしまい、呼吸困難をおこします。

状況が改善していないのであれば、多少のリスクを覚悟で飛行機で行かれる方がいいかもしれません。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問