JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6月に14歳になる老猫です。4日前から食事を全く取れなくなりました。昨日獣医さんに見てもらいレントゲン、血液検査をし

解決済みの質問:

6月に14歳になる老猫です。4日前から食事を全く取れなくなりました。昨日獣医さんに見てもらいレントゲン、血液検査をしました。腎臓付近に腫瘍が出来、左の腎臓が大きく肥大しています。手術しか治る見込みはないが、開腹してみないと如何とも言えない。と言われ手術の決断が出来ません。白血球は223。BUNが78.4、クレアチニンが2.17。LDHが535の数値でした。昨日、今日と、点滴をしましたが何も食べられません。貧血も有り、時々フラフラになります。体力の無いこの時期に、手術に踏み切るべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

もう少し情報よろしいでしょうか?

超音波検査はされていないですか?
また貧血の数値は具体的にいくつですか?

よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ひとまず今の情報で書かせていただきます。
もし追加情報あれば、返信でお願いします。

まず、もしレントゲンだけで腫瘍と判断されているのであれば、手術に踏み切るのは少し危険かと思います。
腎臓がレントゲンで大きく見える原因には腫瘍以外にも水腎症や腎のう胞といわれる良性の疾患もあるので。

これらが圧迫しているだけであれば手術以外の選択肢(薬や針で水を抜くなど)が出てきます。


それから超音波で見て腫瘍の可能性が高い場合ですが、もしリンパ腫であった場合は抗がん剤やステロイド剤が効きますので、手術の前に腫瘍の種類の特定は難しいですが、ステロイド剤を使ってみて大きさや症状が少し良くなるか見てみるのも一つの手だと思います。


そして、今すぐ手術するべきかというのは、文面だけでは何とも言えませんし、実際診察したとしても手術前には何とも言えないケースかと思います。
今すぐ手術をすればリスクはある程度高いと思いますが、点滴などで体力が回復してくるかどうかということになると、わかりません。
もしかすると点滴をしていてもどんどん体力が落ちてしまう可能性もありますので、そうなるとあの時やっておけばよかったということになるかもしれません。

この決断に関してはおそらく獣医師からどちらがいいということはできないと思いますので、難しいとは思いますが、飼い主さんがしっかりと話を聞いたうえで決断するべきだと思います。
もし貧血の程度がひどければ手術前には輸血など、少しでもリスクを減らすような処置は必要かと思いますが、手術のタイミングや手術をやることの是非は、結果論になる可能性もあり、難しい判断かと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問