JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16歳のアメショーです。体重は3.5kg♂。 昨年10月2一度便秘で吐いたり、あちこちにぽとぽと落とし物で本人もく

解決済みの質問:

16歳のアメショーです。体重は3.5kg♂。
昨年10月2一度便秘で吐いたり、あちこちにぽとぽと落とし物で本人もくたくたに疲れていましたがなんとか解消。以来、鶏ガラスープ(顆粒)で 白菜と山芋のスープ(ミキサーでクリーム状)とささみ(以前からです)、以前から食べているプロスクリプション/ダイエット/高齢期/心臓病/初期心臓病の三種類で過ごしています。時々生マグロ。最近はスープにオリーブオイルも入れています。慢性的な便秘らしく2〜3日1回の排便です。ウエットに切り替えようとしましたが小さい時からドライで食べてくれませんでした。高齢猫の便秘対策の基本を押していただきたいと思います。
なるべく食事で解消してあげたいと考えています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

この子は心臓が持病なんでしょうか?
そして肥満気味なのでしょうか?
ちなみに飲水量の増加や尿量の増加はありますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
時々心臓に雑音があると言われましたが大病はしていません。体重は3.5kg程度で肥満気味ではありません。尿量葉は1日に4回程度、飲料に変化は無いと思います。食べているドライは医者で処方された物です。高齢用で先の表記がありました。
質問者: 返答済み 5 年 前.
時々心臓に雑音があると言われましたが大病はしていません。体重は3.5kg程度で肥満気味ではありません。尿量葉は1日に4回程度、飲料に変化は無いと思います。食べているドライは医者で処方された物です。高齢用で先の表記がありました。
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
その子の便秘の原因が何かでいくらか変わってきます。
2大原因として ひとつは 直腸が大きくなってしまって便が留まりやすくなってしまうことによる便秘。もうひとつは腸の動きの低下などによる便秘です。
前者は食餌の中の繊維質を多くし、便の量が増えますが 硬くなりにくくし、スムーズに出させます。Hill’s(プリスクリプション・ダイエット)ではw/d、ROYAL CANINでは消化器サポート(可溶性繊維)、IAMS(Eukanuba)では腸管アシスト、SPECIFICではFRDやFRWなどがオススメです。
便秘の原因が後者の場合、軽度であれば上記のようなフードでもいいのですが、ある程度重い場合は、便の量が増えるため 更に便秘になりやすくなります。その場合 腸の動きを良くする内服薬等の利用が必要です。

心臓に関して、聴診上の心雑音だけでは進行度がわからなので詳しくお伝えできないかもしれませんが、心臓に負担をかけない食餌としてはHill’sではk/dやg/d、ROYAL CANINでは腎臓サポート、SPECIFICではFKDやFKWなどがオススメです。
これらのフードに便秘症の子用のサプリメントがありますので、それを併用するのも良いかもしれません。

この子に心臓の病態進行度と便秘のタイプについてかかりつけ医と相談してベストな食餌を選んであげてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
家庭での食医療法を知りたいのですが。回答いただいた物は現在使っているフード情報でしかありません。
専門医に相談とありますが、セカンドオピニオンとしてうかがいたかったのに全く参考になりません。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。
再投稿がありましたので、答えさせていただきます。

まず、便秘の基本は腸を動かすことと、便が硬くならないようにすることになります。

栄養成分で行くと食物繊維が腸の動きを浴しますし、水分を多くとれば便が多少柔らかくなるので、この二つの目的にかないます。

食物繊維は野菜に多く含まれていますので、飼い主さんがされているような白菜と山芋というのもいいですし、サツマイモなどもいいです。
便秘用の処方食には食物繊維が豊富に入っていますので、それを混ぜるのもいいかと思います。

ただし、手作り食はバランスを崩すことがありますので、完全に手作り食にするのであれば、本来はしっかりとした手作り食セミナーを受けられてからにするべきだと考えています。
処方食を混ぜながらであればある程度はバランスが取れるので少し安心かと思います。

それから、食物繊維以外には、ビオフェルミンやマイトマックスなどの整腸剤(生菌剤)も腸内環境を整えて便が出やすくなる子もいますので、食事に混ぜてもいいでしょう。
オリーブオイルも大量でなければいいと思います。

水分に関してはスープ状のものをあげてもらったり、ヨーグルトなどが好きであれば、それを薄めて飲んでもらったりするなど工夫するとよく取れるようになります。

それ以外には、病院で便を軟らかくする薬をもらわれるのも一つですし、人と同じで運動やお腹のマッサージも多少は効果があります。

それから、心臓病がある子の場合は塩分、たんぱく質、リンを制限することが必要になりますので、特にお肉類は多くなりすぎないように注意が必要です。

以上が便秘対策の基本ですが、何か不明点があれば追加で聞いてください。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問