JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

あごの骨折をしました。病院に入院中ですが、治療として手術、胃へのチューブをつけるといわれました。かなりの費用がかかり

解決済みの質問:

あごの骨折をしました。病院に入院中ですが、治療として手術、胃へのチューブをつけるといわれました。かなりの費用がかかりそうですが、あごの骨などは自然治癒力はないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

もちろん骨には自然治癒 力があります。
ただし、いくら自然治癒力があるといっても、そのまま置いておいて治るというものではありませんし、顎というのは足などと違って、ご飯を食べるために使わないといけません。
骨折をしている場合は痛みも強いですし、固定していない状態では骨がずれてしまって、くっつくことができません。

骨がずれていたりすればそれを強制するために手術が必要な場合もありますし、顎を使わなくても済むようにチューブを入れる必要があることもあります。
顎の骨折の部位や程度によってどんな治療をするかは変わってはきますが。

比較的軽いものであれば麻酔をかけてワイヤーで固定するだけのこともありますが、おそらくそれだけでは難しい状態なのではないかと推測します。
もし、納得がいかなければ、他の病院にセカンドオピニオンを聞きに行かれるのも一つの方法ですが、同じことを言われる可能性も高いと思います。

念のため、先に手術費用や入院の日数や費用の目安を聞いておいた方がいいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

あごを使わないように食事を取らせる方法として胃へのチューブの他に何か良い方法がありますか?

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
完全に顎を使わないようにするのは胃へのチューブしかないでしょう。
胃へのチューブはお腹の横にチューブを出す方法(手術で固定します)と鼻 からチューブを入れて胃まで通す方法(経鼻カテーテル)がありますが、後者は、あまり太いサイズのものが入れれないので、ドロドロの流動食しか入れることができませんし、抜けてしまうことも多いです。
どちらをされるのかはわかりませんが、経鼻カテーテルの場合は軽い鎮静だけで行えることも多いです。

それ以外に、顎の負担を減らすために口の横から流動食にしたものを注射器やスポイトのようなもので入れる方法もありますが、これはある程度顎を使ってしまいます。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問