JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の猫(雑種雄今年19歳体重4.2Kgs)、昨年夏頃から水の多飲、多尿がみられ、ペットクリニックで慢性腎不全と診断されました。現在5~6日置きに、ペットクリニックで皮下点滴を受

質問者の質問

我が家の猫(雑種雄今年19歳体重4.2Kgs)、昨年夏頃から水の多飲、多尿がみられ、ペットクリニックで慢性腎不全と診断されました。現在5~6日置きに、ペットクリニックで皮下点滴を受けています。1日2個のネフガードを与え、口内炎の症状があるのでその薬も1~2滴口内に注入しています。問題は、毎日のフードですが、クリニックで購入する処方食は一切口にしません。仕方なくMon Petitのスープ状のキャットフードを与えています。これは大層美味しいらしく与えれば全て完食します。成分は、1袋40g、12Kcal,粗蛋白質8%以上、粗脂肪0.1%以上、粗繊維1%以下、粗灰分3%以下、水分92%以下です。これを1日に8~10袋食べています。この食事とネフガード及び点滴で他に改善することはありますか。又、慢性腎不全用の食事療法を教えて頂ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

慢性腎不全の長期療法で一番大切になるのはやはり食事になります。
基本的にはたんぱくと塩分、リンを制限した食事というのが理想です。
ただ、腎不全の子は(口内炎があるとさらにですが)食欲があまりない子が多いで、食欲と食事内容のバランスを取るということが大切になってきます。
一番いいのは腎臓の療法食(k/d、FKD、腎臓サポートなど病院で出してもらう食事)が栄養バランスでいえば、腎臓に理想的です。
ドライも缶詰もありますので、ドライであればサンプルももらえる病院が多いですし、缶詰も1缶から売ってもらえるので、どれが一番 食べてくれるか、試してみて、食べてくれるものを続けてもらった方がいいです。
療法食であれば、嗜好性以外はどれもそれほど変わりません。
今の食事は腎臓にはいいとは言えません(たんぱくが多すぎますし、塩分、リンもおそらく制限はされていないと思います)。

もし、療法食を食べてくれない場合は、今の食事と混ぜて食べさせるなどしてもらってもかまいませんが、なるべく療法食の割合を増やしてもらった方がいいでしょう。
水分に関してはできるだけ取ってもらった方がいいので、食欲を落とさないのであれば、水にふやかすなど水分を多く取ってもらう工夫はいいと思います。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
すいません、追加です。

最近ではACE阻害薬に腎臓保護作用があるといわれており、一般的に猫ちゃんの慢性腎不全の子で投薬が難しくない子には、ACE阻害薬を使うことが多いです。

点滴の間隔に関しては、脱水の具合、食欲、体重、腎臓の数値などによって変わってきますので、調子が落ちる場合には増やす必要があるかもしれません。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ご納得いただけましたか?
他に疑問点などありますか?

猫 についての関連する質問