JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

隣家で飼われてたネコを貰いうけました。猫アレルギーが家族にいたため、ほとんど外で生活していた半ば野生の猫でとても丈夫

解決済みの質問:

隣家で飼われてたネコを貰いうけました。猫アレルギーが家族にいたため、ほとんど外で生活していた半ば野生の猫でとても丈夫な子だったのですが、昨年2月頃から元気がなく、夏、口内炎と診断され、2週間に一度抗生物質を投与しています。うちに居ついたこと、隣家では 面倒を見れなかったこともあり、貰いうけました。投与しても苦しそうによだれは吐きますが食べれるようになりました。しかしこの年末年始、投与一週間以内なのにもう食べなくなり痩せて来ました。15、6歳なので、寿命と諦めるべきなのか、他に治療法があるのか教えて下さい。できるだけのことはしてあげたいのですが・・・。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

まず、猫ちゃんの口内炎が難治性(完治はしない)ことになるのがかなり多いのは事実です。
そして、その場合は薬を色々使って、口内炎を治すというよりもひどくなって痛みなどの症状が出ないようにし、食欲を維持していくというのが治療の目的になりま す。

治療方法は、一番多いのは、抗生剤と抗炎症剤や痛みどめを使っていくことですが、効果が薄くなった場合に抗生剤を変えることはよくすることですよ。
さらに痛みが強い場合は、痛みどめ(NSAIDsやステロイド剤)を使うことで、痛みが治まり、食欲が上がることもあります。
15,6歳ですので、腎臓などが悪くなっているのが食欲低下を助長している可能性があるので、そのあたりも検査しつつ、痛みどめを併用するのもいいと思います。
それ以外にインターフェロンや赤外線などを使った治療法などもあり(どれほど効果があるかはやってみないとわからない部分がありますが)、そのあたりも相談されたほうがいいと思います。
もし、今の治療以外にないといわれてしまうようであればセカンドオピニオンを聞きに他の病院へ行かれてもいいと思います。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございま す。
余談になってしまいますが、、
実はかかっている獣医さんがなんとなくやっつけ仕事で、機械的な感じがしたため、今回回答頂いて少し救われた気持ちになりました。
野良猫呼ばわりされたり、抜歯手術に躊躇したことで、嫌味を言われたりと、なんだか相談する気にもなれなくなっていたので、猫のために注射だけは通っている、そんな感じです。近くにほかに病院がないので、セカンドオピニオンを聞きに行くにも容易ではないのですが、、、やはり病院を変えた方がいいのでしょうか?あるいはこの獣医さんとうまく付き合うに割り切るべきでしょうか?趣旨からずれた質問ですみません。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

僕はできれば病院を変えた方がいいと思います。

最近は動物病院も増えていますので、少し遠くに出れば他にもあるのではないでしょうか?

口内炎や腎不全、皮膚病、糖尿病など の病気は症状にあわせて治療が必要になります。
しっかりとしたコミュニケーションが取れなければいい治療はできませんので。
直接その獣医さんを知っているわけではないので、そこが悪いとはいえませんが、飼い主さんが不信感をいだいているのであれば、十分セカンドオピニオンを聞きに行く理由になりますし、そういう関係では慢性疾患の治療はうまく行きませんので。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中