JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

初めまして、宜しくお願い致します。 アビシニアンの2歳3カ月になる男の子です。 お店から購入後、1歳になる頃

解決済みの質問:

初めまして、宜しくお願い致します。

アビシニアンの2歳3カ月になる男の子です。
お店から購入後、1歳になる頃から皮膚に異常がみられるようになりました。
とても痒がり噛んだり・掻いだりして皮膚が無くなるほどです。
とても見ていられません。

医者には異常が診られるようになってからずーと通っていますが
治ってきたと思っているとまた違う処に新たに皮 膚疾患が発生します。
現在はとても酷い状態です。ステロイドの注射が2週間効能があり期間内で副作用の心配があり
注射を再度打てない状態で、飲み薬を貰っていますがとても飲んでくれるような状態では
ありません。

肝心な皮膚疾患の原因が分からない状態です。
食物アレルギーと言われたこともありアレルギー専用の食事療養食を与えています。

獣医さんも4件ほど変えましたが、なんともなりません。

何とか完治出来ないものなのでしょうか?
少なくとも症状が悪化しないようにできないでしょうか?
宜しくご指導のほどお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし文章からの推測でお話をしています。 的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご理解ください。 何か質問がありましらお願いします。
痒みがあり皮膚が黒くなっていることから慢性の皮膚炎ということですね。
これらの原因は食餌アレルギー、アトピー、自己免疫性疾患、感染(細菌、カビ、寄生虫)などが基礎疾患にあることが疑われます。
原因が複合している可能性も高いと思います。
食餌アレルギー、アトピー、自己免疫疾患は治るものではありません。
コントロールするものと考えてください。
治療をやめればまた再発するのでなるべく悪くならないように一生治療が 必要となるでしょう。
飲み薬が無理であればシャンプーをするのも手だと思います。
薬用シャンプーや個人的には皮膚刺激が弱い人用の医薬品ボディシャンプーを使って 良くなったことも多々ありました。
食餌アレルギーでは少しでも他の食餌をとると意味がありません。
よくおやつなどで他のものを与えていたり勝手に猫が食べたりしていると良くならない こともあります。
一般病院でコントロールが難しいのであれば皮膚を専門に診察している大学や2次診療の病院で診察を受けることをお勧めします。
お近くになり場合もあるかと思いますが 一般病院を探して回るよりは確実だと思いますので担当の先生に相談して紹介してもらう のも手でしょう。 ご参考までに
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問