JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

突然すみません。 実家の猫が4日ほど前から体調が悪く、病院では内臓などに問題ないがウィルスに感染していると思われる

解決済みの質問:

突然すみません。
実家の猫が4日ほど前から体調が悪く 、病院では内臓などに問題ないがウィルスに感染していると思われると言われ一週間分のお薬を頂いたそうですが、2日までくらいは自分でご飯を食べてみたりトイレにいったりしていたそうですが、3日目の夜から容体が悪くなり、また病院にいくも血液検査に後3日かかるとのこと。病院から帰ってからは目が見えないうで怖がって、普段怒ったことのない子なのに怒って暴れ回り
その後は尻尾をぼっと広げ怖がったまま動けない状態です。
私が会いに行った時はその状態で、、水や溶かした餌は注射器で食べます。
昨日の夜中にまた怒りその後は息をしていて半分目を開けている状態だそうです。

最初の症状はトイレにご飯を吐き、その後泣き続けた為いつもと違うと判断し病院へいったとのことでした。白血球が通常の倍以上で内臓に異常はなしとのこと。全くどうしてしまったのか病院の先生の話を家族からまた聞きしても分からず、、、なんとかしてあげたいのですが。
何か思い当たることがあれば何でも結構です。
お知恵をおかし下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
もう少し詳しい情報を教えていただけませんか?

現在何歳の子でしょう?
また、血液検査は白血球以外は問題なしということでよろしいですか?
ウィルスの検査は何のウィルスかわかりますか?
今まで何かの病気をしたことはありますか??
質問者: 返答済み 5 年 前.
現在8歳くらいです
3ヶ月くらいの時に迷い猫で来てからです
。家に来た時に病院に行った際は心臓が弱いとはいわれました。
普段も毛 玉は吐かずケッケッとえずくことはよくありました。
他は特に病気にはなっていませんが、外にも出て行っていました。

白血球以外は血圧腎臓肝臓に異常はなし
肺に少し穴?空気?があるが関係ないとのことだそうです
熱は測ってもらってないとのこと

点滴を打ってもらったとのことですが、ウィルスの詳細もわからず
一週間してもダメならお腹に腫瘍があるもと、
話が私には理解できず、、、脳にウィルスが、あるのかもなどともいわれましたが京都までいかないとMRIがとれないとか、、、
質問者: 返答済み 5 年 前.
仕事の休憩中でなかなか返信できないかもしれません。
本当に申し訳ありませんが、何かお力おかしいただければ、、不十分な返信もお許しください
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。


おそらくFIP(猫伝染性腹膜炎)ウィルスの事だと思います。
このウィルスはお腹や脳に肉芽腫といわれる出来物を作ることがあり、脳にできれば突然暴れだしたり、けいれんなどの神経症状を起こしますし、お腹の方にできれば、腹水や重度の肝障害を起こすことがあります。
確かに症状からはこのウィルスの可能性も考えておいた方がいいです。
このウィルスの場合はかなり難治性になることが多く、治療の効果が出ないということもあります。

もし血液検査で白血球以外に問題がないとするとやはり脳の異常の可能性が高くなると思います。
その場合は、FIP、脳腫瘍、 脳炎や心発作からの脳虚血にともなう脳のダメージ等といったものが可能性として挙がってきますが、確定診断をつけるには確かにMRIではないと難しく(FIPの場合は、血液検査で分かることが多いですが)、麻酔が必要ですし、予約がなかなか取れないことも多く、MRIを取ること自体難しいことが多いです。

ですので、今できる検査(血液、レントゲン、超音波など)で異常が見つからないのであれば、脳炎などの脳の異常を考えた治療(抗生剤、抗炎症剤、ステロイド剤など)を反応を見ながら使っていくということしかできない可能性はあります。
もちろん、飼い主さんが積極的な検査や治療を望まれているのであれば、治療と並行して、MRIの予約や二次病院の紹介をしていただいてもいいと思います。

一番大切なことは、しっかり先生とコミュニケーションを取っていただき、現在の検査結果とそれから考えられること、ならびに今後の治療計画をしっかり飼い主さんが理解していただくことになります。
最近では獣医遼でもしっかりとしたインフォームドコンセントをやっていることが多いので、一度聞いて見られた方がいいですよ。


japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
またもし聞きたいことがあればお時間があるときに返信しておいてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
先ほど、静かに逝ったと連絡がありました。本当にありがとうございました
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。
ご冥福をお祈りします。

猫 についての関連する質問