JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんにちは。初めて相談させていただきます。 我が家の猫(雑種・15歳)についての相談です。 1年ほど前から便秘が

解決済みの質問:

こんにちは。初めて相談させていただきます。
我が家の猫(雑種・15歳)についての相談です。
1年ほど前から便秘がひどく食事も水も飲まなかったため、通院投薬し、ようやく好きなご飯ならたくさん食べるようになり、口元まで持っていけば水も飲むようになり、安心していたところですが、5日ほど前からご飯を異常にほしがるようになり、 あげてもあげても24時間、10分置きにご飯をおねだりして、狂ったように泣いて私たちに猫パンチをしてくるので私たちも眠れず。。
病院の先生に相談して食欲増進剤を半分にしてもらいましたが、あまり改善されません。
ほしがった分、たべさせると吐いてしまいます。本人もつらそうでどうしたらよいのでしょうか?
ちなみに、5年ほど前から激やせして、身体はガリガリです。病院で検査しても問題ないといわれていますが。。
回答お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おそらく症 状からは甲状腺機能亢進症と呼ばれるホルモンの病気が考えられます。
これは、代謝をあげる甲状腺ホルモンが以上に出すぎる結果、異常に元気と食欲が出るにもかかわらず、痩せて来る病気です。嘔吐もかなりの子で出てきます。夜泣きや異常に鳴くようになった、鳴き声が発情時のようになったといった症状も出てくることが多いです。

一般的な血液検査をすれば、腎不全や糖尿病は分かりますので、これらがなくてどんどん痩せてくる場合には一番にこのホルモンの病気を疑います。
このホルモンの病気は一般的な血液検査では分からず(肝臓の数値が少し上がることが多いです)、検査センターに血液を送ってホルモンの値を調べることで診断がつきます。
内服薬で治療をすれば異常な食欲や元気も抑えられますし、異常に上がっていた代謝を抑えてエネルギー消費を減らしますので体重も増えてきます。

甲状腺機能亢進症は高齢の子にかなり多いということが最近わかってきています。
一度現在の病院で相談してホルモン検査をしてもらうか、比較的大きい病院にセカンドオピニオンを聞きに行かれたほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ネットで調べたところ、甲状腺機能亢進症は下痢・多飲多尿等が基本症状なようですが、この子の場合、下痢症状はなく逆に便秘、水を飲まずおしっこもあまりしませんが、そのようなケースもあるのでしょうか?

ちなみに便秘のせいか、足腰が痛いのか、歩くのもままならずよろよろとびっこをひいてます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
どこのサイトで調べられたのかわかりませんが、下痢はあまり多くないです。
多飲多尿はでる子でない子半々くらいかなという印象です。
便秘も多くないですが、大半が嘔吐をします。
僕が一番良く見るのは食欲はあるのに、痩せてきた、夜泣きを異常 にするという症状です。
質問者さんの猫ちゃんであれば、僕は症状としてはかなり強く甲状腺機能亢進症を疑います。

びっこも甲状腺機能亢進症によく現れます。
足の筋肉がエネルギーに使われてしまい、かなり細くなってしまってということが多いです。

ただ、びっこに関してはそれだけではなく、年齢的にも慢性関節炎がかかわっている可能性もあると思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問