JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

loverai0210に今すぐ質問する

loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

我が家の飼い猫の気になる症状についてご相談があります。 今年の3月最初の生まれの、10か月になろうとする雌のロシア

質問者の質問

我が家の飼い猫の気になる症状についてご相談があります。
今年の3月最初の生まれの、10か月になろうとする雌のロシアンブルーです。
元々体が小さい子で、ブリーダーさんからも「体は小さいですが、元気ですよ」と言われました。
今年の6月最後に我が家に迎えました。
ワク チンはブリーダーさの元で2回済ませてくれていますが、2回とも副作用が酷く出たと聞いています。
副作用の症状は、涙や咳が2週間くらい続く感じだったようです。
我が家に迎えた6月最後は2回目のワクチンの2週間後くらいだったのですが、まだ副作用が続いており、少し涙目で「けっけっ」という咳をしていました。
また、迎えてすぐからウンチをした後に毎回血が付いていたことから、ワクチンの副作用のことも兼ねて近くの動物病院に連れていきました。
涙目と咳はワクチンの副作用、ウンチに血が付くのは子猫の頃はたまにある話で、成長と共に落ち着くと思うから脂分の少ない食事に変えて経過を見るよう言われました。
また、その時に獣医さんから「もしかしたら少し腸が弱い子なのかも知れない」とも言われました。
獣医さんに診て頂いてから一か月くらいすると、涙目も咳もなくなり、缶詰を変えたりしたからか、ウンチに血が付くこともなくなり安心していました。
しかし一か月ほど前、夕方に一回嘔吐し、その際に、「ニャニャ」と何回か鳴きながら肩の毛、背中の毛、耳の先の毛までブルブルと震えているような症状が出ました。
嘔吐は一回で済み、震えも5分もかからずに収まりましたが、その後は次の日の朝位までぐったりとしている状態でした(母はぐったりではなくぐっすりという感じに見えたと言っていました)。
また、その震えが起こった際、寝ころびながら前の2本の手を自分の顔に何度か引き寄せるような行為もありました。
吐いてから次の朝まではご飯も食べず水も飲まなかったのですが、次の朝は何事もなかったように元気になり、ご飯もいつも通りガツガツ食べ、水も普通に飲みました。
獣医さんに連れて行きましたが、特に異常はないだろうということでした。
しかし、一昨日の夜、また肩、背中、耳の先の毛までブルブルと震える症状が出ました。
今回は嘔吐はなく、震えも前回と同様、5分もかからずに収まりました。
「ニャニャ」と鳴きながら震える症状も前回と同じです。
その後はまたぐったりとして、元の通り元気になるまで半日くらいを要しました(母にはこれもぐったりではなく、ぐっすり眠っているように見えたようです)。
震えが起きているときは、本人はあまり動揺していない様子で普通に座っていたりしますが、震えが収まった後にぐったりします。
今回も獣医さんに連れていきましたが、「猫はよく震えるものなので、おそらく大丈夫ではないか。自律神経が弱いのかも知れない。繊細すぎる猫なのかも知れない。病気ではないと思うので、このまま様子を見ましょう」と言われました。
ただ、「気になるなら血液検査だけしますか?」と聞かれたので、一般の健康診断と言われる血液検査をしていただきました。
検査の結果は、白血球が少し高めだったこと、リンの数値が規定内の一番上の数値であった事以外は正常値でした。
その血液検査の結果をもって、獣医さんからは「震えはやはり病気からくるものではないから、様子を見てください」と言われました。
前置きがかなり長くなりましたが、伺いたい事は下記の点です。

1、この症状は「癲癇」の軽い症状の可能性が高いのでしょうか?それとも他の病気等の可能性が高いのでしょうか?
2、仮に「癲癇」の軽い発作の可能性が高いとして、血液検査を終えた今、他にこの子のために今しておいた方が良いことはありますでしょうか?
3、今まで3回とも同じ獣医さんにかかっていますが、セカンドオピニオンを頂くため、他の獣医さんに診ていただいた方が良いでしょうか?

他のこの子の情報ですが、

※体重は現在2.55㎏
※避妊手術はまだしていない
※迎えた時から、座ると左足が体にうまく収まらずに、常にちょっと横に出ている
※震えがある時、目は回っていたり上下していたりはしない
※震えがある時、手を出すと甘噛みしてきたりする
※庭を他の猫が通ると、前は無関心だったのに、最近は「ゴロニャン」という声を出してその猫を追いかけようとする
※最近よくゴロンと寝ころぶようになった
※普段はよくじゃれ、食欲もあり、元気そのものという印象
※ウンチとおしっこは、1日1回
※ウンチをする前は家中を駆け回る
※ブリーダーさんの家でも、我が家でも、一回も外に出したことはない完全な室内猫

今思い付くのはこのような事です。

長くなって申し訳ありませんが、ご回答をどうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。文章のみからお答えする回答ですので、適格な答えができないかもしれません。
他に気になることがございましたら、お聞きくださいね。


少し確認させてくださいね。震えというのは、体がガタガタと動く感じではなく毛がピクッピクッと動くような感じでしょうか?
毛が震えているようにみえるだけならば、それはてんかんや痙攣ではないと思います。
てんかんや痙攣は、手足がバタバタしたり、突っ張ったようになる状態で、言われている症状が毛が動くという状態ならそれはてんかんや痙攣の初期症 状というのは考えにくいと思います。
また、仮にそれがてんかんの初期症状としたら、次の検査はMRIで脳の検査をしてもらったほうがよいかもしれません。
最後にセカンドオピニオンを受けるべきかどうかですが、私はもう少し様子を見てもよいと思います。
もしこれが毎日とか続くようなら、MRIなどがあるような大きな病院で見てもらった方がよいと思います。
その時には、その震えの状態を携帯の動画などでとっておいて先生に見せられた方がよいですよ。
震えの後の状態もしばらくとってみてはどうでしょうか?お母様には、ゆったり寝ているように見えるのであれば一度先生にその状態を見せて、正常なのかみてもらったほうがよいかもしれません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

震える状態というのは、猫が気持ち良さそうに手足をぐ~っと伸ばして「伸び」をする際に、手足の筋肉が「フルフル」震える状態に近いです。

 

実際に毛先が震えてる時に脚などをさわってみると、「プルプル」と震えています。

 

震える箇所も、肩だけだったり、耳の先まで含める全身だったりで、統一性はありません。

 

震えている時間は、「5分以内」と先ほど書きましたが、母に再度確認したところ、2回目に震えた時は「20分位続いていた気もする」と言っていました。

 

母も私も、痙攣とは違うと言うと違うようにも思えますし、痙攣と思えば痙攣とも思えます。

 

ただ、先生の仰るような「手足がバタバタしたり、突っ張った」ような、飼い主もびっくりするような状態になってはいません。

 

本人も震えながら「ニャニャ」と鳴いたりして普通に座っていたりします。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか… それならやはりかかりつけの先生が言われるように病的なものではないかもしれませんね。
そういった症状ならうちの猫も結構ピクピクとしますし、それが同じであれば病的ではありません。

ただ先程も述べましたように、ガタガタ震え出したり、毎日続くようなら麻酔をかけてのMRIも必要だと思います。
もし、今度同じことがあれば動画をとってみてください。
どうしても話で聞いているだけだと伝わらないことも多いと思いますし、かかりつけの先生も判断がしやすいと思いますよ。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答、ありがとうございました。

 

父と母には、今度私が不在の時に震えが起こったら動画を撮っておくよう説明してありますので、先生の仰るように震えの後もしばらく動画を撮ることを加えて説明しておきます。

 

またセカンドオピニオンについても先生の仰るように、今度動画が撮れしだい、いつもの獣医さんに見ていただき、その診察内容を聞いてみてから受けるかどうかを判断したいと思います。

 

父が本当に可愛がっており、居てもたってもいられないという様子でしたので、緊急度の高い質問として投稿してしまいました。

 

ご丁寧なご回答を本当にありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
引き続き経過を見ていくとよいと思いますよ。

もしまた何かありましたら、お聞きくださいね。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問