JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2歳半くらいの雄猫(去勢済み)を飼っています。 大便した後、肛門付近が充血しているようです。出血の時もあります。

解決済みの質問:

2歳半くらいの雄猫(去勢済み)を飼っています。
大便した後、肛門付近が充血しているようです。出血の時もあります。
 ・食事はドライフードを1日2 回与えています。
 ・排便の際(大・小とも)特に苦痛な様子もなく(声も出さずに)しています。
 ・10日ぐらい前に2日くらい便秘になりましたが、現状は毎日、1回以上出ています。
 ・様子もぐったりした様子はなく、元気な走り回っています。
 ・小便のほうも定期的にして、血尿の兆候もありません。
 ・獣医に行ったら暴れて患部を見せることができませんでした。

痔の場合、どのようなくすりを使用すればよいでしょうか?
また、食事は何か気を付けることがあるでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
猫ちゃんには痔というものは存在しません。

もし、便をした後に肛門が赤く見えるのであれば、おそらく症状的には軽い直腸脱があるのではないかと思います。
これは直腸が一部反転して肛門の外にめくれあがるような形で出 てしまう病気です。
ある程度軽いものの場合はそのまま一緒に付き合っていくことになりますし、あまりに出てしまう場合は、手術が必要になることもあります。
軽いものであれば、難しいですが、便の硬さをあまり硬すぎず柔らかすぎす(硬すぎても下痢でもいきんで余計直腸が出てしまうので)という様になるような食事を見つけていただくことになります。
現在の食事が特にいきむ様子なく出ているのであれば変える必要はありません。
むしろ変えると下痢をしてしまう子がいますので、ひどくなってしまうかもしれません。
それから薬はゲンタシンなどを薄くつけてもらうくらいでいいと思います。


また、しきりになめている場合は肛門嚢炎(肛門の周りの分泌腺が炎症を起こして腫れて出血する状態)があるのかもしれません。
その場合は飲み薬(抗生剤、抗炎症薬)が必要になります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問