JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

満18歳と数か月のオス猫についての質問です。 慢性腎不全の為、数年前から療法食と粒状のヘルスカーボン剤を与えており

解決済みの質問:

満18歳と数か月のオス猫についての質問です。
慢性腎不全の為、数年前から療法食と粒状のヘルスカーボン剤を与えております。
10月初旬より、職が細くなったような気がしましたが、そのままヘルスカーボン剤を与え続けてしまいました。
体重6キロ弱でしたので毎日8粒を与え続けたところ、活性炭色の軟便をしてしまい弱らせてしまいました。腸壁に活性炭がこびりついて栄養の吸収が出来なくなったのでしょう、飼い主のやりかたが悪いと獣医師に言われました。腸壁は新陳代謝しないのでしょうか、毎日自分を責めております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
少し薬の量が多い気はしますね。

少し情報をください。
軟便をしたのがいつからで、現在薬をやめてどれくらいたちますか?
また、薬をやめてから便の調子はどうですか?
また、現在の所食欲などはありますか?

腸粘膜は新陳代謝がかなり早い場所ではあるので、よっぽど縮便のように固まっていなければ大丈夫だと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

最初の黒色軟便は11月1日に3度、合わせて50グラムぐらいだと思います。

その後2日間カーボン剤与えず。11月4日~6日に3粒ずつ与えて中止。

その後11月10日に最後の黒色軟便。検便の結果、消化器上部出血ではなく、黒い粉との事です。

当日往診による触診にてしこり、リンパの腫れなし。

 

11月14日に普通便。

その後現在まで3日に一回程度の排便は普通色です。

食事は腎臓療法食とチューブダイエット猫用キドナを合わせて150キロカロリー程度強制給餌、水はH4Oというものを80ミリ程度飲ませています。

 

食欲は少々あり、一般食の缶詰は舐めるように食べます。

ペットマップという血圧計で上220下155前後あり、フォルテコール2分の1錠、他胃腸薬など与えております。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。

確かに活性炭は、規定量ではかなりの用量を服用することになりますが 、特に腎臓食を食べている場合は、タンパクなどを抑えてあるので、用量はある程度抑えても効果は出てきます。
ですので僕は、一日2,3粒でもいいのではないかと思います。
それから上述しました通り、腸粘膜の新陳代謝(ターンオーベー)はかなり活発ですので、薄い膜を張っただけであれば、心配いりません。
それから活性炭を食べて便の色が変わること自体は何ら異常ではありません。
活性炭は吸収しませんので、その色の便が出るのは普通です。
ただし、軟便になってしまうとなると活性炭の過剰かそれ以外の何か(胃腸炎など)の原因があるのかもしれません。

血圧はなかなか猫ちゃんで正確に測るのは難しいというのはありますが、やはり少し高めですね、フォルテコールは飲ませてもらっておいた方がいいと思います。

ですので、僕の意見としては基本的には今までの治療を続けて行くというのでいいと思います。
活性炭に関してはそれほど心配いりませんので、もし続けるのであれば、量を減らして続けてもいいと思います。
ただし、あまり食欲が多くないのであれば、療法食を食べていれば無理して活性炭を投与しなくてもいいのではないかと思います。




あと、
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問