JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
高橋 賢に今すぐ質問する
高橋 賢
高橋 賢, 獣医師、医学博士
カテゴリ:
満足したユーザー: 23
経験:  医学研究歴11年
62935287
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
高橋 賢がオンラインで質問受付中

14歳と13歳のメスを2匹飼っています。14歳のこは、2年前にワクチン接種をした時に接種痕にアレルギー反応(だと思う

解決済みの質問:

14歳と13歳のメスを2匹飼っています。14歳のこは、 2年前にワクチン接種をした時に接種痕にアレルギー反応(だと思うと、獣医さんに言われました)の瘡蓋が出来てしまい、獣医さんが「完全室内飼いで、もう片方のこがワクチンを接種していれば、飼い主さんが外から帰ったら(よその犬や猫に触れた可能性がある場合)必ず猫に触る前に手洗いするとか着替えるとか気をつければ大丈夫でしょう」とおっしゃったので去年はワクチン接種しませんでした。もう1匹の13歳のこは、普通にワクチン接種しています。このまま今年も片方のこだけの接種で大丈夫でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  高橋 賢 返答済み 5 年 前.
真実をお話すると、あらゆる病気に関して絶対に「大丈夫」ということはありません。
飼い主さんの状況のように、アレルギー体質の猫ちゃんの場合には予防接種によるアレルギー反応というリスクがあります。
飼い主さんの状況は、
1. アレルギー反応が起こるリスクを冒して予防接種をする
2. 感染症にかかるリスクを冒して予防接種をしない
の2択ですね。
フードや予防接種によるアレルギー反応の履歴を考慮すると、予防接種をするリスクは確かにあります。
したがって、外に出る猫ちゃんにしっかり予防接種をして、飼い主さんも手洗い・うがいを徹底し、14歳の子が感染症にかかるリスクを最小限に抑えることができれば、この子の健康のために望ましい方策と言えるでしょう。

高橋 賢をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問