JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳の猫を飼っています 三ヶ月ほど前から、歯槽膿漏、歯石のせいでご飯が食べられません 歯石を取るにも、全身

解決済みの質問:

13歳の猫を飼っています
三ヶ月ほど前から、歯槽膿漏、歯石のせいでご飯が食べられま せん

歯石を取るにも、全身麻酔に耐えれる体力が無く、
動物病院の先生にも栄養剤を打つしか出来ることがないと言われました

昨日から、歩くのもおぼつかず、おしっこももらすようになってしまいました
体力がないのもせいだとも思いますが、年のせいもありますか?

体力がない為、病院に連れていくのもかわいそうなのです
無理矢理にでもスポイトか何かでご飯を食べさせても非常に嫌がります。
このまま時間の流れに委ねてしまわなければいけないでしょうか?
何か出来る手立てはないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
歩くのがおぼつかない、おし っこを漏らすといったことは、おそらく全身状態の悪化からでしょう。
腎不全や食欲不振から来る脱水が一番に疑われます。
もちろん加齢の要素もあるとは思いますが、それだけではないと思います。

体力がないため、病院に連れていけないということですが、おそらく、このままお家で過ごさせるとなるとどんどん体力が落ちて行ってしまうと思います。

お家で出来ることというのはやはり強制的に食べさせる、あるいは何種類か缶詰を買ってきて、何か食べてくれるものがないかどうかを探すといったことくらいになってしまうと思います。
レンジで温めてあげるとにおいが強くなって食べてくれる子もいます。


今のお話を聞く限りでは定期的に点滴をしながら薬を使って歯槽膿漏の化膿と痛みを和らげてあげるというのが、一番かとは思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中