JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

糖尿病と診断され、現在の症状は、脱水と食欲不振があり、その対応のため猫にストレスがかかっている状態です。体力のあるう

解決済みの質問:

糖尿病と診断され、現在の症状は、脱水と食欲不振があり、その対応のため猫にストレスがかかっている状態です。体力のあるうちに、チューブ挿入をしたほうがよいといわれていますが、迷っています。チューブをつけたほうが猫にとってはやさしいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
そうですね、食欲不振で無理矢理ご飯 をあげると、やはりストレスがかかってきますし、そのたびに血糖値も上がってしまいます。
チューブには、鼻や食道、胃に入れるものがありますが、鼻はぜんしんますいなしで入れることができるので、すぐ入れてもらったほうがよいでしょう。ただ鼻なので、とれやすかったり、量があまり入れられなかったりします。
鼻カテーテルをいれた子は、途中から自力で食べ出す子がほとんどです。まずは脱水をとり胃に物を入れてあげることが必要でしょう。
それでもあまり上腿がよくなければ、麻酔をかけて胃ろうチューブを入れてもらったほうがよいでしょう。
胃には、太いチューブを入れれるので、かなりの量を入れることができます。

ぜひ参考になさってください。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問