JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

去勢済みの雄猫、9才7ヶ月、体重7.6kg、3匹の末っ子で発育遅れにより野良猫だった母猫に飼育放棄され、掌に乗るほど

質問者の質問

去勢済みの雄猫、9才7ヶ月、体重7.6kg、3匹の末っ子で発育遅れにより野良猫だった母猫に飼育放棄され、掌に乗るほど小さな時に縁側から部屋に上がり、目の前で倒れ、大急ぎで獣医さんに運び込んで肺炎の危機から脱して以来、人間べったりで一緒に散歩するような生活が、2度ほどの家出期間を除きつづいています。
先週の初めごろから、散歩に行っても、余り歩かず、座り込むことが多くなり、10月30日・日曜日早朝4時ごろ、草の葉と血が混じった嘔吐をし、翌月曜日キャットフードを吐き ました。
子猫時代に助けられた獣医さんより、「アランタ(アルジオキサ錠剤)」を胃潰瘍治療目的で朝夕与えるように処方され、基本的にほぼ12時間間隔で与えていますが、症状に改善がみられまさん。
寝ている時間が多く、外に出ると一緒に散歩するまで待っているため歩きだしても、立ち止まることが多く、びっこを引くような歩きかたとなり、数歩歩いては前足を震わせ、前足を舌でなめるような仕草もしています。
食事は、ネコ用の缶詰、ドライフードが主ですが、カツオブシが大好物で、煮干も与えているため、食事が悪かったかとも考えております。考えられる可能性を教えていただけないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
一番考えられるのは、腎不全かと思います。
かつおぶしや塩分の高い食事をずっと続けていると腎臓に負担がかかり、腎不全といって腎臓の機能が低下した状態になります。
吐き気止めをやっても吐くようなら一度血液検査や エコー、尿検査などしてもらったほうがよいです。
腫瘍などもでてきだすお年なので…。

腎不全になると、尿毒素というものが体中を回って、ムカムカしてきますので、口臭やよだれなどが増える子もいます。また、かつおぶしなどあげていると歯石も多いかも知れません。
口の中に問題があると、前足をなめたり、顔をかくようなしぐさをしますので歯も見てもらったほうがよいかもしれません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
基本的に吐き気止めは与えません。腎臓機能の問題だとするならば、突然、血の混じった嘔吐となる理由がよくわかりません。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
回答がないようですし、意見も違うので代わりに答えさせていただきます。

僕の意見としては、完全に症状に合致する病気はあまりないですが、可能性としては

糖尿病、肝リピドーシス、腎不全、心不全、胃腸の腫瘍、胃内異物、脾臓あるいは肝臓の肥満細胞腫などがあります。

まず、7.6kgとのことで少し肥満のようですので、糖尿病、肝リピドーシスのリスクは大きくなります。
どちらも嘔吐、元気消失という症状はかなり一般的です。
血混じりの嘔吐は 嘔吐が続けば胃が荒れて出てきてもおかしくはありませんが、最初からとなるとあまり多くはありませんが、可能性としてはそういった症状があっても不思議ではありません。
さらに、糖尿病は糖尿病性神経障害で後足のびっこという症状が出ることがあるので怪しいです。
それから腎不全に関しては、食事が悪ければなるというものではありませんが、塩分の多いものを取っていると多少リスクが増えます。
こちらも元気消失、嘔吐の症状は一般的ですが、びっこや震えというのはあまり出ません。
腎不全ではガストリンという胃酸分泌作用のある物質の排泄がすくなくなり、胃酸過多になりやすく、血を吐くこともあります。あまり多くはありませんが。

他に心不全では運動不耐性により散歩にいきたがらない、すぐ止まってしまうなどの症状が出ます。
びっこも出てくることはありますが、嘔吐は一般的ではありません。

胃内異物や胃の腫瘍では血混じりの嘔吐は症状の一つですし、痛みによる震えというのもあって不思議ではありません。
びっこの症状はあまり見たことがありません。

最後に肥満細胞腫ですが、これは意外と多いので可能性として少し高いのではないかと思います。
これの初期症状は血混じりの嘔吐で出てくることが多く、これは腫瘍からヒスタミンが出るために起きます。
痛みによる震えというのも出てきます。
これもびっこは症状としては考えにくいですが。


ということで一つの病気として全ての症状を説明するのは難しいですが、これらの病気が重なっているあるいは慢性の関節炎がこれらの病気にプラスであればびっこなどの症状は説明がつきます。


ただし、これらは推測でしかないので、できるだけ早めに血液検査、レントゲン、超音波検査を行って、どのような異常があり、どんな病気が否定できてどの病気が怪しいのかしっかり突き止めてもらった方がいいでしょう。
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
遅くなって申し訳ありません。
お外にいる子なら、質問者さまが見なかっただけでもしかしたら、今までも何回か吐いていたかもしれません。
それと、いい忘れていましたが、草を食べると胃がかなり荒れるので血のまじったものを吐く子はよくみます。外に出て草を食べるならまずは、家の中にいれ、草を食べないような環境にしてはどうでしょうか?
上の先生が言われているように、腎不全以外の原因ももちろ ん考えられますし、足のこともあるので、一つの原因だけではないかもしれません。外に出るなら、怪我をしていることもあります。
もちろん、すぐに病院で検査をしてもらったほうがよいですが、なるべくなら外に出さないようにはしておいたほうがよいでしょう。
草を食べさせないようにしたり、食事を少しずつあげたり食事療法で治る病気もあります。
もし病院へすぐつれていけないのなら、これらのことを試してみてはどうでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

日・月曜日が獣医さんが休みのため、必要な確認が取れなかったため、遅くなりました。

原因が1つではなさそうだということは、同意できそうです。まず、「肝リピドーシス」の可能性に関して、3日以上の絶食の可能性があったとすれば、2005年1月(去勢前、体重5.6KG)と2011年2月の家出期間ですが、どちらも外猫に餌を与えている人の近くで探し当て、

絶食期間が長かったように思えないこと、「肝リピドーシス」がかなり急激な症状を発生するらしいことを考慮すると、現時点までの日数が長すぎ、黄疸症状も見られないことから、可能性は低いのではないかと考えています。

同様に、「肥満細胞腫」に関しては皮膚関係の発現は認められず、間欠的な嘔吐などの劇的な症状もありません。

性格的には、基本的には臆病で慎重、親しい人間には甘える、他のネコに対しては母猫に育児放棄されたためか滅多に交わらず、仲の良かったネコ2匹は行方不明となったこともあり、「ネコとしての社会性」は欠如して、負けるくせに喧嘩が絶えず、去勢を決断した理由になっています。

血を吐いて食欲不振となった2日ぐらい前から、去勢しているにもかかわらずマーキングや他のネコに対する見張り行為が目立つようになり、雨のなかで2時間ほど彷徨していました。強く叱ったわけではないですが、ねだったカツオブシなどを与えない措置をした後なので、ひょっとしてネコも心因性の胃炎とか胃潰瘍も起きるのだろうかなどとも考えたりするほどです。飼主の心理状態などに微妙に反応することから、ネコの問題以前に、飼主の問題である可能性もありますが、

ネコが「草を食べる」のは胃の内容物を吐きだそうとするためで、そこには「吐きだす理由」があるからだと考えるため、草を食べさせないことではなく、草を食べる理由として考えられる事を知りたいと考えますが、どうでしょうか。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
すみません、確認させてください。
病院にはつれていかれたのでしょうか?
私たちはこの子を 直接見てるわけではないので、はっきりと診断はできず可能性しかあげることはできません。なので、今の病院の治療が納得いかないなら、上記で述べられたようなことを他の病院ででもみてもらったほうがいいと思いますよ。
あと、草はよく勘違いされてしまうのですが、「ムカムカするから食べる」のではなく、「草を食べるから吐く」んです。なので、元気な子でも草は食べたがります。
草は中毒を起こすものもあるので、やらないほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
最初に記したように、子供時代からの獣医さんに、人間用薬剤の「アランタ(アルジオキサ錠)」1/4割を1回分として、1日2回与えてきました。
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
その後はいかれてないのですか?
ご回答の「必要な確認がとれなかったので」というのは、今の先生にまたみてもらったということではないのでしょうか?

もしまだこれ以降、行かれてないのであれば、再度行かれて、検査してもらったほ うがよいと思います。
血の混じったものを吐くというのはやはり異常ですし、吐いているような状態でお薬を飲ませても効かないことがあります。
また、それだけ吐いているなら食事をあげないほうがよいので、一度お水のみにして一日絶食させたほうが
よいと思います。それで翌日まで吐かなければ少しずつあげていくというように、胃の調子を見ながら与えていったほうがよいでしょう。
血がでるほどのなので、相当胃は荒れていますので、一度休ませたほうがよいです。
それでも吐くなら、やはり胃に問題があるかもしれませんので、バリウムを飲ませてもらうのもよいと思います。外に出るなら何か胃に残っている可能性もありますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
直接の診察を受けているわけではないので、ネコの状態に関する1次情報が欠如し、飼主からの曖昧になりがちな2次的情報をもとに、その制約の下で個別の論理的な専門家のセカンドオピニオンを求めることになることを、相談者も承知しているつもりです。

現在は、インターネットや書物での検索により、フラットな一般論としての情報はあふれかえっていますが、その情報のプライオリテイーやウェイト付は医学教育のトレーニングを受けていない者には不可能とはいえないものの困難な作業になります。

処方された「アルジオキサ」がアラントインの水酸化アルミニウム誘導体で、腎障害のある患者(人間)には慎重投与が求められている程度のことは、医師以外の一般人でも簡単に調べることはできますが、「医師限定」の医薬品情報に触れることは通常はできず、人間用の薬剤を動物に使用した場合の具体的な問題は、獣医でなければ判らない可能性があります。

いずれにせよ、病状などの一般論はあふれかえっていますので、質問者として知りたいことは、あくまで個体としての体調の良くないネコの病状に関する論理的な根拠を伴う説明です。

直接の診察を行ったかかりつけの獣医と、異なる診断を行う場合は、なぜそう考えられるのかという理由と、判断材料のキーポイントが示されないと納得する事が困難です。

処方されていない「吐き気止め」を飲んでも吐く場合という飛躍ではなく、人間用胃潰瘍治療薬が与えられているネコに対して、腎不全とする理由が知りたいということです。

japavetさんの説明は、現時点では完全にあてはまるものではないとしても、その理由が示されているため、承諾はできなかったが、考え方として納得できます。

飼主からの曖昧な2次的情報しか判断材料がない状態から、一般論でなく、個別の診断を行おうとする場合は、逆に回答者から飼主の質問者への具体的な質問があっても不思議ではなかろうと考えています。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
お答えいたしたいのですが、やはり客観的な検査結果がないと お答えできません。

検査結果(年月日)とそれに対する主治医の先生の見立てを書いていただけないでしょうか?
どの検査結果が正常でどの検査結果が異常なのか、またそこからどんな病気を考えて、あらんたの処方の身で治療しているのかを書いていただけると、回答の質は上がります。

少しだけ今のところの意見を書きます。
ネコちゃんの肥満細胞腫は皮膚にできるものは良性のことが多く、あまり全身症状を出しません。
怖いのは脾臓や肝臓にできる肥満細胞腫です。
僕は嘔吐(血混じり)だけが症状の脾臓の肥満細胞腫を何度かみたことがあります。
脾臓はもちろん体表からはみえませんし、血液検査にもでてきません。
ですので、エコーの検査が必要です。

肝リピドーシスなどは血液検査でわかりますが、その情報がかかれていなかったので、可能性としてはあるかと思いかきました。
最初の投稿の時点では急性の症状かと思いましたので。

もちろん、こちらから質問すればいいのですが、質問者さんの中には、与えた情報の中で回答して欲しいといる人も少なくないようで、情報リクエストしても帰ってこないため、最初の投稿の情報だけで、回答すると、承諾されるケースも多いです。
言い訳になってしまいましたが、こういう事情が多いのはお察しください。

ですので、できるだけ細かい検査結果を書いていただけるともう少し突っ込んだ回答ができると思います。
お手数ですがよろしくお願いいたします。


質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の対応いただき、ありがとうございます。

11月1日の最初の診察では、血のついたバスタオルと草の葉(自生のネコじゃらしの葉)を持ちこみましたが、特に内容物を検査するわけではなく、胃の状態の改善ということで、既に記しました「アランタ」錠1/4割を7日間分、朝夜、最低限6時間の間をあけて飲ませ、様子を見るようにということでしたが、それ以後の嘔吐はなかったものの、食事はせず、元気がない状態が続き、11月5日にこの「justanswer」を見つけ、質問をいたしました。

japavestさんからの回答を参考に、白目部分の確認、皮膚の状態等をチェックしましたが、特に異常はなく、黄疸症状も皮膚や腹部の異変や腫れ等も認められなかったため、とりあえず11月8日の診察を待ち、内臓の超音波検査を依頼し、「胆石」はないが「胆泥」はあるようだとのことで、様子見です。

なお、子猫時代の検査でFIVは陽性。このため、栄養不足による免疫力低下を避けようと、タンパク質を与えすぎたかとは反省していますが、カツオブシが大好きで、与えない時のストレスを考えると、与えないわけにもいきません。

また、子猫時代から、水は良く飲みます。水を良く飲む猫は腎機能に問題があるなどと聞いたこともありますが、過剰摂取の判定基準があるのでしょうか。

体温は38.8℃、正常範囲ですが、依然として元気はありません。

また、胸骨部分の突起形状は、他のネコと比較して、やや鋭角的ですが、獣医さんの判断では特に異常ではないとのことです。

もうひとつの好物のネコ草の葉ですが、家の庭や公園に自生知るものですが、気がかりな要素として、福島第1原発から200キロも離れていないため、近くにもスポットとなっている町があり、在住している市の検査では人間に対しての健康被害のレベルにはないとのことですが、それは地上150cmの測定結果であり、ネコ 草の地上3~5cmでは30~50の2乗倍、すなわち1000倍に相当する強濃度の放射線があったとしても、測定していない以上、見過ごす以外なく、被爆の可能性を100%排除することはできないため、放射性物質を含んだ草を食べた場合の内部被曝による症状はどのようなものになるかも、判る範囲で教えていただけたら幸いです。

なお、不足点があれば、お尋ねください。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
まず、お水を飲む量ですが一般的に1kgあたり50から100ml以上だと多飲多尿の指標になるといわれています。
7.6kgであれば一日500ml以上であれば多飲といってもいいのではないでしょうか。
ただし、こ れは食事の内容にもよって変わってきます。(ドライフードを食べている子の方がもちろん飲水量は増えますし、塩分の摂取量が多ければ増えます¥)
さらに、心身性の多飲もありますので、一概に腎臓が悪いとは言えません。
また、子供のころからの多飲となるとおそらく腎不全は考えにくいです。
ただし、日常的に塩分やたんぱく質摂取量が多いことで腎臓に負担をかけている可能性はあります。

放射線に関してはあまり知識がありませんので少し調べてまた回答しますので少しお待ちください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1日あたりの飲み水の量は、1KGあたり10~20mlていどで、回数が多いので水を良く飲むという感じを抱かせるだけであり、量的には多飲のレベルではないことが判りました。

キャットフードは缶詰が主体のためかと思います。

気になっているのは、前述した年令的なこともあり、免疫力が落ちた場合に発症するであろうAIDSの可能性であり、放射線の影響の可能性でもあり、あるいはリピドーシスや脂肪腫も含めて、変調をきたした時の初期サインをいかにつかむかということです。

本来、熱帯地方起源といわれているネコにもかかわらず、夏よりも冬になると元気になる雑種の黒ネコなのですが、今年は寒がりで、腰(後肢)のまわりを温めてやると気持ちがよさそうになっています。

判断材料として、あとどのような説明が必要でしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
放射線について、学生のころに習った放射線学の知識と、少し調べさせてもらったことを書きます。

まず、おそらくおっしゃっている30~50の二乗倍というのは、放射能は放射線源からの距離の二乗倍に反比例するということからの話です。
ですのでもし現在お住まいの地域の放射線濃度がすべて地面にある放射線源(放射性物質)からであればそういう判断になりますが、おそらく、200kmくらいの範囲であれば、主な放射線は、地面からではなく、遠くにある放射性物質からきているものとおもえます(これは僕は放射線学の専門家ではないので、確定的なことは言えませんが)。
ですので、放射能がそれほど高くなるというのはありません。
もちろんある程度高くはなると思います。それは自然に存在する放射性物質の影響もありまし、微量の放射性物質が地面にあれば、やはりそこから受ける影響というのは距離の2乗倍ということになりますので。

そして、内部被ばくに関しては基本的には症状としては外部被ばくと変わりません。
違いは内部被ばくの場合は体内に常に放射線を出す物質が存在することになるため、外部被ばくに比べて被ばく量が多くなるということです。

そして胃腸障害に関しては確かに胃腸(特に腸)の粘膜は、放射線に影響を受けやすく、嘔吐などは放射 線の影響によるものの可能性は否定はできません。
ただし、やはりあまり現実的ではないと思います。
理由はその距離で嘔吐がおこるほどの被ばく量に達するというのが考えにくいからです。
具体的な数字に関しては、犬のデータが探せなかったため、書くことができませんが、嘔吐の症状が出るというのは高度被ばくの範疇にはいります。
そして比較的早期の障害になりますので、今になってそれほど高濃度被ばくするというのも考えずらいです。
ですので、もし起こるとすれば、低濃度を長期間被ばくした場合の障害になりますのでsく性腫瘍や悪性貧血、胎児への影響です。
ただし、これらはあくまで可能性ですし、ワンちゃんの場合のデータは僕は見ていないので、マウスなどの実験動物のデータがもとになります。



ですのでやはり僕がやるべきだと思うのは全身のスクリーニング検査(特に血液検査と超音波検査)です。
胆泥だけであれば肝臓はおそらく大丈夫だと思いますが、嘔吐がうづいている以上は多角的に広く可能性を探っていく必要があるのではないかと思います。
検査をするデメリットはほとんどありませんので。


それから胸骨の形状はおそらく関係ないと思います。
あまりに尖っている場合には漏斗胸といって胸の形が縦に狭くなりすぎていて、ハイを圧迫することがありますが、そういった症状ではないようなので。



放射線に関することは参考程度にしておいてください。
再度言いますが、専門家ではないので確定的なことはあまり言えませんので。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
嘔吐というのは十分な初期サインだと思うのですが、血液検査をされていないのはどうしてでしょう?
もししているのであれば、まず最初に検査結果をいただきたいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

様子が良くならなければ内視鏡検査をして、胃を調べましょうという話で、血液検査に関してはその次のステージというのが、獣医さんの判断のようです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
それぞれの意見があると思いますが、僕は血液検査は最優先の検査であると思います。
もちろん、病気に直結するとは限りませんが、血液検査によって腎不全も肝障害も、糖尿病も否定できますし、炎症があるないもわかり ます。
また、胃の内視鏡検査のためには麻酔が必要ですので、麻酔をかける前にも必要になります。

問診、視診、聴診、触診などである程度病気の予測をして、検査を絞ることも大切ですが、広く構えて異常がないことを確かめることをしないと見落とす病気はざらにあります。
さらに血液検査は多少針を刺す痛みがあるだけで、体に負担をかける検査ではありません。

飼い主さんにこんなことをいっても仕方がないのかもしれませんが、吐き気が止まらないのに血液検査をしないというのは、病気の特定ができていないのであれば、正直なところ、理解できません。

その辺りのことを主治医の先生とはなされてはいかがですか?
ここである程度病気の予測をするのもいいとは思いますが、それでは先に進まないと思いますので。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 動物病院勤務歴6年
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

japavestさん、有難うございました。

放射線障害に関しては、人間に対しても、政治的判断で基準を変えるぐらいの現状ですから、動物の内部被曝などに充分な公開データがないだろうとは予想範囲でした。

飼主の2次情報では、基本的な数値データが欠落していることも理解できます。

血液検査を行い、その後の処置で改善が見られない場合は、また意見を聴かせていただきたいと思っておりますので、その節はよろしくお願いいたします。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
はい、やはりまずは一般的な病気を拾える基本的な検査をするというのが一番になってくると思います。
また何かあれば質問してください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問