JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

教えてください。 昨夜、急に下半身不随になりました。夕方までは普通に歩いてました。 今朝、獣医(猫専門で

質問者の質問

教えてください。

昨夜、急に下半身不随になりました。夕方までは普通に歩いてました。

今朝、獣医(猫専門ではなく動物全般)の先生に調べてもらい、

外傷もなく、車に引かれた感じもないと言いました。

結局原因が分からず、猫はひたすら鳴いています。

昨夜から餌も水も飲んでいませんでした。

猫は十数年生きてます。

飼い主が亡くなった為、かわりに会社で飼っているところです。

教えてくださいお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

高齢のネコで急に下半身が不自由になる原因で多いのは、心不全による血栓症があります。
高齢猫に多い甲状腺機能亢進症や自然発生により心筋症が基礎疾患にあると、心臓内で血の塊が出来、それが血流に乗って心臓から流れ出て、どこかの血管に引っかかり血行を止めてしまうのです。
血の塊が引っかかりやすいところが 両後肢に行く動脈です。後肢の血行が突然止まるので激しい痛みと麻痺が生じます。
前肢と後肢を握って 温度差があるか試してください。血行が無い後肢の方が冷たくなっていれば、血栓症の可能性は高いです。他に調べる方法として、鼠径部(内モモの付け根)で脈が触知不能、ワザと深爪のように爪を切っても血が出ない などがあります。
治療法は発症してなるべく早い時に血栓溶解剤の投与が必要ですが、反応率はあまりよくありません。そして、血栓が無くなって血行が開通しても心臓がもともと悪いので内服投与が必要で、それでも再発することがあります。

他の原因として 椎間板ヘルニアや脊椎もしくは脊髄に腫瘍の存在などによる脊髄損傷があります。

セカンドオピニオンを探して原因を突き止めたほうがいいと思いますが、もし血栓症だった場合、発症から時間が経っていると予想されますので予後は良くないかもしれません。それでも、痛みだけでも取り除ければ、この子は楽になると思います。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答あるがとうございました。

 

症状をみた所、血栓症と思います。

 

同僚と話し合い、今後どうするのかを早急に決めたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
お大事になさってください。

猫 についての関連する質問