JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

現在フランスに住んでいます。仕事が夜勤のため翌日朝帰宅すると 飼っている猫の様子がおかしかったので、同日病院へ連れ

質問者の質問

現在フランスに住んでいます。仕事が夜勤のため翌日朝帰宅すると
飼っている猫の様子がおかしかったので、同日病院へ連れていきました。
その時は嘔吐、下痢(水様、透明)瞳孔散大、ほとんど動かない状態で
ウイルス性の腸炎ということなのか、吐き気止めと下痢止めの注射をし、帰宅しました。
が症状改善なく、知人に紹介してもらった別の病院に行ったところ体温34.1℃と以上に低く
入院、脱水症状が酷いからだとのことでした。
その日は暖房を付けて暖かくして いましたが症状は変わらず、水も飲んでいないのに夜間だけでトイレに4回も行き、脱水が進むと思い翌早朝再度病院へ。ようやく採血をしてもらい出た結果が糖尿病でクレアチニンも高値で厳しい状況だと言われました。本日よりインスリン2回/日、点滴が開始され絶食状態となっています。夜間はストレスを非常に感じる猫なので連れて帰ってきていますが、明日朝また治療に行きます。
今の状態はひたすらぐったり寝ていて、月曜日まではいつも通りだったので
変化の大きさにうろたえています。水も一切飲もうとしないのですが無理にでもシリンジで飲ませたほうがいいのでしょうか?自宅で出来る処置は何かあるのでしょうか?海外だとやり方が違うのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

点滴が必要なのですが、入院中はそれを行なっているのなら、ご自宅で水を飲ませる必要はないでしょう。

海外だと方法が違うということはありませんが、どこの国でも動物病院と飼い主様の要望により、治療方法が異なるでしょう。

緊急状態を脱することができれば、その後は食事管理がとても大切になります。食事は決まった時間に決まった量を決まったものを与え、インスリンが必要ならそのタイミングもずらさないようにしていきます。おやつは禁忌です。糖尿病用の食餌が動物病院で勧められると思いますので、それ以外は与えないようにしましょう。

質問者: 返答済み 6 年 前.

回答ありがとうございました。

 

まだ5歳、体重も4、5キロと太ってはいないことから

先天性のものだろうと言われました。

食事療法、インスリン治療でBSをコントロールしていけたら他の猫と同じように

長生きできるのでしょうか。

色々調べていたら腎不全を改善させる水があったり、脳幹に作用させて症状を良くする首輪があったりと全て猫のために試したくなっていますが

試してもよいのでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

今の状態を乗り切ってみないと分かりませんが、糖尿病は感染を併発しやすいので、まったく健康な猫ちゃんと比べたら、寿命は短くなるでしょう。

腎不全は糖尿病による二次的なものなので、今はしっかりと点滴(脱水改善)することが大切です。脱水が改善しているにもかかわらず、腎臓の検査値が悪いなら、その時点でそういう水を使ってもいいでしょう。科学的にコンセンサスが得られている水はありませんので、経済的に余裕があれば使うという程度です。首輪も然りです。基本的には定期的な血液検査と食餌に費用をかけるべきでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

ありがとうございました。今は通院をしっかりして

今できる改善策に専念します。

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.
また何か困ったことがございましたら、ご相談ください。

猫 についての関連する質問