JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

16

解決済みの質問:

16歳になる雌ですが、昨年の晩夏頃から右足が不自由になり、秋口には痛みがあるのか下駄箱の下に入り込んだまま人を寄せ付けなくなり、食欲も殆ど摂らない状態が約10日~2週間ほど続きました。とても心配でしたが、近づくと威嚇して興奮するので仕方なく放って置くしかなく、程なくしてベビー用のキャ リーケースにペットシートとタオルを敷く生活で何とか落ち着きました、寒くなり始めた頃よりまったく歩けなくなり、尿意を察知することが出来なくなりおしっこをしてはタオルを換える生活でした。食事や水分を摂るときは、前足で何とか支え頭をあげてはいましたが、この頃には、左足も使わなくなったせいかやせ細り自在に動かす事が出来なくなっていしまいました。
 幸い食欲は戻りましたが、動くことは全く出来ず、キャリーケースの中で暖を取りながら冬を越し、今年の春になり暖かくなると、下半身を引きずって徐々に動くことを始めました。
また、夏前には、奇跡的に腰を上げて静止の状態で以前のような四本足で立つ事が出来とても喜んでいましたが、秋の声を聞く頃に入り、またしても食欲が落ち、あまり動かなくなりました。
 ここ1週間で、日中の気温の変化も激しいことが原因なのか、食欲がかなり落ちてきて、動悸が激しい様な感じです。恐らく動くのもきついのだと思います。

 前置きが長くなりましたが、ご相談したいのは以下の件について、です。

①主治医からは既に「老猫だから」「治療に協力的でない性格だから」という理由で、病院への相談の電話はするものの、連れてくるように、、とは一切言われません。こちらから、お願いするような状況です。本当に病院嫌いで連れていくこと自体が体調を悪化させるのでは?と心配にもなります。

  思い切って、病院を替えた方がいいのでしょうか?
 
因みに、私は猫と住んでおらず実家で母親が1人で世話をしています。
この母親と主治医(女医)の性格が合わず、結局、私が時間を作って実家へ行き、状態を観て電話でのやり取りをしながら今日に至っております。

②元気なときには、決まって酷く鳴くので母親がヒステリーになります。
 朝方は特にひどいので、睡眠を邪魔された母親はその後の介護を放棄しようとしながら、やはり我慢してそのためのストレスが溜まり、体調を壊しがちです。

 鳴くという行為の意味が色々あると思いますが、老猫の為寂しかったり、痴呆が入ってきているような可能性があるからなのでしょうか?
それとも、体調が悪いのでしょうか?(少なくとも、体調が悪いような感じには見えません。)


永く一緒に生活をしてきた大切なペットなので、心配しながら亡くなった父親の為にも、最後までしっかりと面倒をみたいと思っています。

寒くなって来た為、不自由となっている後ろ足の状態が心配です。
昨年の状態と比較しながら、動悸が激しいのがとても気になります。

長くなりましたが、アドバイスをお願いします。

また、詳細について必要であればご連絡くださいませ。
何とぞよろしくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、
文章からの個人的な推測にすぎませんのでその辺りは了解してください。


①おそらく心臓が悪くて動悸息切れを起こしている可能性があると思います。
心臓が悪いと血栓症を起こしやすくなります。後肢が動かなくなったのもそのため
である可能性が高いでしょう。猫ちゃんはあまり動かないので心臓病になってもあまり
わから ないことが多いですね。
リスクが高い状態で治療に非協力的だとどうしても獣医師側としても避ける可能性は高いと思います。

これらのリスクを承知で受けてくれる病院を探すしかないかもしれませんね。
新しい病院を探してみてはいかがでしょう。

②甲状腺機能亢進症で興奮しやすかったり、認知症で確かに夜泣きする場合があります。
これも新しい病院で相談してみてください。

お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 5 年 前.

 前回もお伝えした通り、この老猫は大変神経質で病院嫌いです。

 

 今朝も、主治医へ(判っていながら)相談をしました。

 回答はいつもの通りで、、

「お宅の猫は、病院へ連れてくる事自体が寿命を縮める可能性が高いです。連れてきた結果、各検査をすることで精神的な負担を来す為、最終的には、飼い主さんがどうされたいか?というだけのことだと思います」とのことでした。

 

 昨晩の問い合わせの先生の回答直後、

やはり病院を替えてみようと思いはしたものの、

最寄りの病院を当たりましたが、主治医と同じような対応となり、

やはり、自分だけのエゴなのか?と自問自答しております。

 

母親と話し合った結果、

やはり老猫の意思を尊重して、最後まで自宅で観ることにしました。

何かしらの手立てが出来れば、と思うのは常ですが、

猫が求めていないと思いました。

 

一日中、ベビー用のキャリーケースの中だけで過ごしていますが、

今日は、落ち着くお風呂場へ重い足を引きずりながら移動していました。

昨日、一昨日より僅かですが食欲が戻っています、お水も飲みます。

 

ただ、ちょっと立ち上がったり、体勢を変えだけでも

動いた後は動悸が激しく体が波打っています。

( やはりきつそうです。)

 

そして、今日気づいたことですが、

お腹が膨れているような気がします。便は一昨日に普通にでました。

おしっこは、昨日から、それまでと比べると回数が減ったと思われます。

 

それから、声が殆ど出ていません。

鳴いていますが、声が出ていません。

声が出なくなったのはなぜなのでしょう?

また、お腹が張っていることについても、どうしてなのでしょう?

 

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
声が出ないのは体調が悪くて力が入らないなどのためと考えられます。

心臓や肺に問題があると血液の循環に異常が生じて、その結果腹水や胸水が貯留することがあります。
このためにおそらくお腹に水が溜まったと考えられます。
かなり末期の状態で危険な状態です。数日で亡くなる可能性もあると考えられます。

動物の医療についてはオーナー様が望むことと現実でギャップが生じることは多々あります。こういう問題は正解はないと思います。どこまで行うかは個々の考えなので
あまり気を落とさないようにしてください。

お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問