JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

6.8 4.3

解決済みの質問:

10歳 雌 三毛 家猫・外には出ていません 平常時6.8kg 現在4.3kg

9月25日頃から食欲は有った様子でしたが、いつもの食べ物でも匂いを嗅ぐだけで砂をかけるそぶりをして口にせず。水は飲んでる様子でした。吐くようにもなってしまいトイレにも行かなくなったのでお医者さんに10月3日見てもらいました。吐き気止め注射と錠剤をいただきました。その後一切何も口にせず10月7日検査入院しました。『血液検査・レントゲン・皮下輸液』の処置をしていただき3日間入院しました。検査結果は おなかにガス・宿便が少しあったので処置を受けました。『 肝臓の値が少し高いが食べず・飲まずをするような状態ではない』とのことでした。帰宅して様子を見たが改善されず10月12日改めてバリウムを飲みレントゲン造影検査を致しました。特別異常は見られ無いが腸の働きが弱く 促進に『ラキサトーン・フェロビタⅡ』を服用させるよう指示を受けました。フェロビタⅡ・ラキサトーンどちらを与えても 30分位するとおう吐してしまいます。水も自発的には飲まないので無理やり的な感じで飲ませるが数分後おう吐する場合が多いです。嘔吐するものは 黄色い泡状・練りがらしを柔らかく溶いた感じの状態です。目と口の中は乾燥状態。
皮下輸液をほぼ毎日行っております。12日に検査のため飲んだバリウムが21日まで残っており浣腸2本・溜まったガスを抜き・皮下輸液の処置をしていただきました。帰宅後、夜7時ごろから朝4時ごろまで5回ほど白い泡状を吐いています。今後の対応がわからず不安です。何か教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

まずは入院して吐き止めを使いながら、静脈輸液をしていくことをお勧めします。膵臓、胆管、十二指腸の炎症が絡んでいると思います。体重が激減していますので、手術で食道からチューブを設置して、流動食を与えていくのがよいでしょう。ただし、強力な吐き止めを使わないと、与えても吐いてしまうでしょう。もし、主治医のところは入院できないなら、入院できるところや、大学病院などを紹介してもらうのがいいと思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.

回答ありがとうございます。

非常にデリケートでさみしがり屋さんです。入院はかなりストレスを感じているとのことでなるべく避けたいと思っていました。今回の3日間でもかなりまいっている様子でした。

 

『手術で食道からチューブを設置して、流動食を与えていくのがよいでしょう』今後、継続的になると考えられるのでしょうか。

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

体重が激減していますので、栄養的なサポートが必要です。

入院が躊躇されるような状況でしたら、まず手術でチューブを設置し、その後、自宅で流動食を与えてもらうといいでしょう。ただし、設置してすぐには与えられないので、最初は吐き止めの注射と皮下輸液に毎日通院してもらう必要があるでしょう。

質問者: 返答済み 6 年 前.

ありがとうございます。あと少し聞きたいのでお願いいたします。
フェロビタⅡ・ラキサトーンは無理矢理でも与えたほうがよろしいでしょうか?
強力な吐き止めはどこの医者でも頂けますか?
自宅には17歳を頭に10歳以上が5匹います。
食べ物はやはり高齢用を考え与えなければだめですか?
2歳の猫もいてその子がシニア用ばかりを食べても大丈夫ですか?
いつでも みんなが好きな時に食べれるようにしていますが完全に時間を決めて分けて食べさせたほうがいいのでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

フェロビタはほかに栄養が与えられないなら、与えなければ、栄養不良になります。ただし、吐いているところへ与えても、意味がないでしょう。ラキサトーンは胃腸内で毛玉が問題になっていないなら、中止してもいいでしょう。

強力な吐き止めは、マロピタントといいますが、これは最近発売されたばかりで、高価です。在庫がなければ、注文してもらえばいいでしょう。

食餌はただ高齢というだけなら、そのようなものでいいでしょう。ただし、高齢の猫では腎臓が悪い子が多いので、まず健康診断で腎臓や肝臓などのチェックをしてもらい、それに合わせたものを与えるのがベストです。2歳の猫がシニア食を食べ続ければ、栄養不良になります。食事の時間は別々の管理が必要です。食事の時間は決めるのがいいでしょう。あるいは、それが非常に困難なら、若い個体だけは、別に場所を設けて、管理すべきでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問