JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

うちの猫の足の付け根にコブが出来たため、先日、大

解決済みの質問:

うちの猫の足の付け根にコブが出来たため、先日、大 学病院でレントゲン、細胞検査したところ悪性の腫瘍だと判明しました。扁平上皮癌との診断。転移していないか調べるために肺のレントゲンをとるも、大きめの影が2つ。関連性を調べるために肺の影の部分を調べる検査をするのに、血液の検査を行いました。すると、麻酔をするには非常に危険な数値、麻酔をかけられないので手術という手術は行えないといわれました。他の病院で免疫治療を行う病院に相談したのですが、ガンがそこにある以上、あまり意味のないことを言われてしまいました。今は人間が飲む免疫UPの薬をホームドクターのすすめもあり、飲ませています。血液を改善する術はありませんか?また、扁平上皮癌の診断に疑問があります。骨をとかすような癌ってありますか?どうみてもレントゲンでは骨が溶けているように見えるのです。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.
こんにちは。まず骨に腫瘍が及んでいる場合、骨が溶けるようにレントゲンで見えることはあります。正確には骨膜反応といいます。骨肉腫などにも見られる反応で す。おそらく、そのこぶ自体は皮膚にできたものだったんでしょうが、それが骨にまで浸出しているんだと思います。また肺にも腫瘍があるとのことで、どちらが原発かわかりませんが、かなり悪性度は高いと思います。血液検査は何の値が高かったんでしようか?ただ肺に腫瘍がある時点で麻酔をかけるのはかなりリスクがあると思います。免疫療法も今の段階では、腫瘍が小さくなるような効果は期待できないと思われます。厳しいかもしれませんが、肺に腫瘍がある時点で、予後は長くても半年くらいになるかもしれません。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問