JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

1

解決済みの質問:

1カ月以上前から肉球からの出血が止まらず、獣医さんからは猫エイズの恐れがあると「宣告」されました、まだ「入院中です」 幼い頃や最近(10歳)近所のネコと喧嘩して、よく負傷していたので、傷口から細菌が入った可能性があると言われました。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

猫のエイズ、つまり猫免疫不全ウイルスの感染は、血液検査で判明するでしょう。そうすると、傷も含め、いろいろな病気が治りにくいです。特に、歯周病や口内炎がうまく抑え られなくなってくると、食べられずに、栄養不良に陥っていきます。また、腫瘍などの問題も起きやすくなるでしょう。検査結果や今後の治療への反応にもよりますが、1カ月も肉球に問題を抱えているとなると、単なる傷の治りが悪いというよりも、腫瘍の可能性を考えていく必要があります。その場合は、問題を起こしている肉球を切除し、病理検査に出す必要があります。その検査結果で腫瘍の種類が分かれば、今後の予後への影響が分かるでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問