JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5279
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

今朝、歩き方が少し変なので見ていたら後ろ右足が歩くときにガクンガクンとなっていました。触っても嫌がる感じではないです

解決済みの質問:

今朝、歩き方が少し変なので見ていたら後ろ右足が歩くときにガクンガクンとなっていました。触っても嫌がる感じではないですし、普通に動き回って高いところにもあがっていましたが
捻挫とかでしょうか? ちなみに今日はシャンプーをした後、後ろ右足をブルブルっとするときに壁にぶつけていました。
今年18歳の高齢猫です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、

右後肢の不全麻痺ということですね。

先生によって意見が色々とあって違ったお答えもあると思いますが
個人的な意見としては

痛がっていないのであれば関節の病気である可能性は低いと 思います。

猫ちゃんで多い大動脈血栓症でも後肢が麻痺しますが、この場合には痛みを伴うため大騒ぎをするでしょう。

どちらかというと脊髄疾患を疑います。

脊髄梗塞(脳梗塞と同じように血管が詰まって起こる)や脊髄腫瘍、脊髄炎(感染、自己免疫性疾患)

あるいは代謝性疾患(例えば糖尿病で起こる神経症状、甲状腺機能亢進症で高血圧がありふらつく)など代謝性疾患であるならおそらく両足でおかしくなるとは思いますが、最初は右の方が弱くてふらついたりしているかもしれませんね。

診察をしていないのでなんともいえませんが、症状が継続したり悪化するようなら早めに病院にかかられることをお勧めします。

受診した病院で脊髄の疾患である可能性が高いということになれば麻酔のリスクが問題となりますがMRI検査を行う必要があるかもしれません。

お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 5 年 前.
麻痺しているというよりカクンカクンと歩くときになるだけで座っているときは痙攣したりしていませんがやはりそういうことを考えたほうがよいのでしょうか?昨日までは普通だったのですが突然になるのでしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
なるほど、猫では珍しいですが膝蓋骨脱臼の可能性などもあるかも
しれません。外傷性であれば突然になります。

また脊髄梗塞は突然になり片足だけ出ることが多いですよ。

明日も変化が無いようなら早めに診察を受けたほうがいいでしょう。

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問