JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

左足が床につけてもぐにゃっとなり、うまくあるけない。 お腹を出して転がっている。 呼吸は少し荒いように思う。

質問者の質問

左足が床につけてもぐにゃっとなり、うまくあるけない。
お腹を出して転がっている。
呼吸は少し荒いように思う。
左足の肉球は冷たい、触っても反応しない。
時たま、大きな鳴き声を出す。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

血栓塞栓症の症状だと思います。これは、たいてい心臓のなかに血の塊(血栓)ができ、それが、末梢に流れて詰まって、そのような症状を起こします。人が正座してしびれているような症状に似ています。非常に痛く、大きな声で鳴いて痛がることが多いです。

動物病院で診察を受け、そうだとしたら、非常に危険な状態です。予後はとても悪く、高額な治療費をかけても、亡くなってしまうことがおおいとされています。当院では、治療するかどうか、まず飼い主さまと相談して、進んでいきます。

まずは、できるだけ早く動物病院を受診してください。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問