JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5267
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

先日初めて詳しい健康診断を受けました。

解決済みの質問:

先日初めて詳しい健康診断を受けました。 結果、コレステロール値が高い点と、レントゲンを見て「馬尾症候群」と診断されました。 コレステロールは、食事を高齢食に代えるよう指導されました。 馬尾症候群の方は、お尻の神経伝達がうまくいかなくなってうんちが滞留しがちになる為、 巨大結腸症にならないように腸の動きを活発にする薬「プロナミド錠5mg」を朝晩与えるようにと 処方されました。 現在、毎日便は出ており便秘ではないのですが、言われてみれば以前より便が少ないなあと 感じる事も度々あり、夏場食欲が落ちていたのも便が詰まりがちだったからなのか、食欲が落ちたから便が少なかったのか、 考えますがその辺ははっきりわかりません。 医師がレントゲンを見て言うのですから、そうなのかなあとも思いますが、 便秘でもなく元気なのに腸の動きを活発にする薬を飲ませるのには少し抵抗があります。 それも、これからずっと飲ませないといけないと言われ、そこまでする必要があるのかが疑問です。 馬尾症候群をネットで調べてみても、猫の事例はほとんど見られず、大型犬に多いらしいので 本当にこの病気でこの薬を飲ませる必要があるのか教えてください。 よろしくお願いします。

*10歳 メス 三毛猫

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、
ネコちゃんでも馬尾症候群はたしかにあります。
軽いものから手術が必要なものまで多数です。
おそらく軽い馬尾症候群を疑う腰の骨の変形がみとめられて、レントゲン検査で便が多く 腸にあったので便秘気味と診断されたのでしょう。
プロナミドは腸の運動を促進する薬で副作用は見たことが無いくらい
安全性の高い薬です。相当便が溜まっているのであれば人と同じで便通が良い方が
健康上は良いので飲ませて経過をみてはいかがでしょうか?
酷い便秘になるときばっても出なくて吐いたり肛門が切れて出血したりすることも
ありますから軽いうちに便秘をコントロールできるようにした方が良いと思います。
ご参考までに
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問