JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

生後半年の短毛の子猫です。たまに「げっ、げっ」と吐きそうなのですが何も吐かずに大きいげっぷのようなものをしています。

解決済みの質問:

生後半年の短毛の子猫です。たまに「げっ、げっ」と吐きそうなのですが何も吐かずに大きいげっぷのようなものをしています。吐いたことはまだありません。そのほかは食欲・元気もあり、排泄もしているので様子を見ていますが、どのような原因が考えられますでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

まず子猫には寄生虫が多いので、寄生虫の幼虫がノドを刺激しているのかもしれません。幼虫なので、卵を産みませんので、検便しても何も見つからないかも しれませんが、何回か検便を繰り返してください。あるいは、駆虫剤を処方してもらってもいいでしょう。また、毛づくろいをして、その毛がノドにひっついてしまうこともあります。その反応かもしれません。歯の生え変わり時期なので、抜けかかっている歯がそのような反応を起こさせているとも考えられます。また、いたずらして、異物などを飲み込んでいる可能性もあります。もし一度も動物病院を受診していないなら、健康診断もしてもらい、ワクチン接種、不妊手術などのご相談もされたほうがいいので、ぜひ動物病院に行かれることをお勧めします。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
早速の回答ありがとうございます。生後2か月で健康診断・ワクチンなども済ませており、来月去勢手術の予定です。ちょっと予定を早めて今週中には病院に行ってみようと思います。詳しい回答ありがとうございました。

猫 についての関連する質問