JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

18 4

解決済みの質問:

18歳のメスの老猫です。高齢になったので仕方ないと思いますが!
4年前から口の中の炎症で治療は全身麻酔をしてレーザー治療をしています。
全身麻酔もステロイドも老猫にはリスクが高いのですが、この 治療を繰り返しています。

レーザー治療しても1カ月くらいですぐにまた炎症を起こしてしまうので、ステロイド薬を与える状態です。
結局年4回位、毎回全身麻酔の上、レーザー治療で炎症している部分を治療しています。
かたいペットフードは食べれないようになったので、処方食のドライフードを水で柔らかくしたものと、初めから柔らかいヘペースト状の食事を与えています。

今回も8月上旬にレーザー治療しましたが、また炎症が再発したようです。
食欲はあります。
でも痛みのせいで食べにくそうに首を振るしぐさと、食べ物をこぼしてしてしまう状態です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.

はじめまして、

難治性の歯肉炎とのことですね。

やはり治らないことが多いのでコントロールするしか方法は無いでしょう。

まだ歯は残っていますか?私の意見としては・・・

歯が残っているなら歯を抜歯すると歯肉炎がコントロールしやすくなります。

また猫の歯は高齢になってくると折れて歯肉に埋まっていることが多いです。

埋まっている歯に細菌がいるため炎症を起こすことがよくあります。

ですから埋まっている歯の抜歯と抗生剤を使用すると少し歯肉炎を抑えられる可能性が高いでしょう。

歯が埋まっているかどうかは歯科用レントゲンで撮影するとよくわかります。

歯科が得意な病院でセカンドオピニオンを受けてはいかがでしょうか?

お大事にどうぞ

ご参考までに

説明に納得いただけましたら承諾(お支払い)をお願いします。

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問