JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

我が家の猫四歳メスのご相談です。去年頃から便秘気味になり餌をロイヤルカナン可溶性繊維へ変えました。お通じもよくなり、

解決済みの質問:

我が家の猫四歳メスのご相談です。去年頃から便秘気味になり餌をロイヤルカナン可溶性繊維へ変えました。お通じもよくなり、一日置きですが便も出るようになりました。しかし、先週約5日間も出なくなり病院へ行ったところかなり詰まり硬くなっているので軽い全身麻酔をし浣腸をしてかき出す処置をしていただきました。
その日はいつもと様子がおかしく家に帰るなり『アォーンアォーン』と鳴き続け、至る所で排便をしていました。排便といっても浣腸で便が出きっているので出ているのは多分浣腸 の残りだったと思います。また、水をかなり飲み飲んでは嘔吐を繰り返しました。翌朝には便に血が混ざり(下痢状のドロっとした物)驚いて病院へ電話をすると便をかき出しているので少し様子を見てくださいとのことでした。2日たった今朝は血というよりもタール状の下痢状の便でした。お尻が気持ち悪いのか床にこすりつけていました。
浣腸をしたのは今回が初めてなのですが、浣腸後というのはこの様な症状になるのでしょうか。
また、便秘予防によい事等どのようなことをしたらようでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

4歳という年齢で便秘症になると先が長いので慎重に対処してあげた方がいいですね。

もしかしたら小さい時に交通事故や高いところから落ちるなどの骨盤を痛めることがありましたか?そういう経歴がありますと、症状が続きやすいので長期の治療を考えなければいけません。

まず、浣腸後は便意がなかなか収まらず、いきみすぎて血便が出たり、吐いてしまうことがありますので、このコの症状は浣腸後の不快感からだとおもいます。時間とともに落ち着くことが多いです。しかし、あまりにも吐く回数や絞り出す便の回数が多い場合は点滴や抗炎症剤、制吐剤などの処置が必要になることがありますので、終息していかないようでしたら再度病院に連絡されたほうが良いと思います。

また、タール状の便は小腸の方での出血も考えられますので、続くようでしたら血液検査や腹部超音波検査などをしていただいた方がいいと思います。腸管に異物や感染、腫瘍などの病変部が存在すると出血や腸の動きが悪く便秘になることがあります。これらの場合は便秘の他に存在する問題の治療も一緒に行う必要があります。

今後の治療についてですが、通常の便秘であれば食事療法の他に便を柔らかくさせるお薬(ラクツロースなど)や腸を動かしやすいお薬(プロナミドなど)の併用を行うのが一般的です。最初は少量から初めて、効果を見ながら増量したり、快便になったら減薬したりして調整します。整腸剤などを併用することもあります。お薬だけでも症状が緩和しないときは、定期的に浣腸や便堀をします。(1週間に1度くらい)お薬、食事療法などの併用とともに定期的に便堀を行う場合、体も慣れてきてだんだんと今回のような副作用が起こりにくくなります。

肥満・脱水・運動不足などが便秘の原因になりますので、お家の方はこちらの点に気を付けてあげてください。

お水を飲みにくい子は流れる水の入れ物や、水の入れ物の工夫(ヘルスウォーターなど)、水置き場の増設などによって効果が表れやすいです。

質問者: 返答済み 6 年 前.

すばやいご回答ありがとうございます。うちの子は、生後まもなく産み落とされていた所をボランティアさんが拾い、動物病院で保護されていた子を引き取りました。

事故にあった等は聞いていません。

 

小さい頃は下痢が酷く通院していました。検査の結果は腸内の細菌バランスも崩れていないとのことでした。

 

一度レントゲンを撮ってもらった事があり、その時に、気管が少し細く内臓も少し小さいと言われたことがありました。それも原因のひとつでしょうか。

また、体重は4.6~4.8キロで肥満ではないと思われます。あまり走り回ったりおもちゃで遊ばない子なので運動不足ではあると思います。

 

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

小さい時に保護されたのであれば、交通事故等の問題はなさそうですね。

猫ちゃんに便秘はよくみられる病気の一つですが、年齢が若いことが気になりました。(通常は10歳以上の事が多いです)

ただ、小さい時に下痢がひどかったことが何らかの腸の運動性に障害を与えた可能性は考えられます。

また、異物等が原因になって腸管の動きを障害したりすることも考えられます。

残念ながら何も原因が無くてもひどい便秘症になる子もいますので、他の原因がなさそうであれば、先ほどコメントさせていただいたように内科治療を行ってあげながら排便状態を観察していくことが必要かと思います。まだ若いので、猫じゃらしや、ペンライトを使って家の中で運動させてあげるのもいい予防法になると思います。

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問