JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

今年2月に私の子供が生まれ、今生後7ヶ月で何にでも興味を示すようになり、飼い猫のトイレや餌をいじったりします。

解決済みの質問:

今年2月に私の子供が生まれ、今生後7ヶ月で何にでも興味を示すようになり、飼い猫のトイレや餌をいじったりします。

そのストレスもあるのか飼い猫がどこにでもおしっこをするようになりました。
玄関、布団の上、マットの上、紙の上等々です。

今日、トイレをリビングから玄関に移したのですが、それだとリビングのドアを開けっ放しにしておかないとネコがトイレに行くことができず、開けっ放しにしておくと子供がトイレに行ってしまいます。

どのように対処すればいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

可愛そうかもしれませんが、ネコちゃんを大きなケージに入れてあげるといいと思います。そして、その中に手を入れられないように、ボードを張るなどして、その中には赤ちゃんは入ってこない、安全な領域なのだという、安心感を与えてあげてください。また、赤ちゃんにとっても、ネコの排泄 物との接触は衛生上危険な場合もあり、トイレの砂を食べることで赤ちゃんのお腹にたまってしまうことも考えられます。両者の安全を考えると、これがベストかと思います。4,5歳になれば、聞き分けができてくると思いますので、ネコちゃんをまた外へ出してあげることができると思います。また、ネコちゃんはストレスにより膀胱炎を発症することがありますので、まず、肉体的な病気がないか動物病院で検診を受けましょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

そのゲージからは出さないということでしょうか?

大きなゲージとはどのくらいのことを言いますか?

箱型のゲージならうちにあるのですが、それでは小さいですよね?

 

膀胱炎に関しては先日動物病院に行って来ました。

去年も同じ時期に膀胱炎をしていて症状が同じ(どこにでもおしっこをする)だったので、とりあえず抗生物質をいただいて飲ませてます。

また、腎臓に石が溜まったことがったので、薬を飲み終えたあとに検査する予定です。

 

やはりこの場合子供に対するストレスで粗相をしてしまうと考えていいのでしょうか?

あと、よく発情期の時に粗相をしますが、それはどうしてですか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

ケージから出すときには赤ちゃんがほかの部屋で眠っているときだけにしましょう。しかし、出したり入れたりしていると、不安になるかもしれませんので、個人的には、ケージ内で飼育することをお勧めします。出るのはケージの大掃除のときだけ、という感覚です。

1.5mくらいの高さのあるケージだと立体運動を好む猫ちゃんの行動学的ストレスをかけずに済みます。一生使うかもしれませんので、大きいものを購入されるといいでしょう。3-4万円くらいだと思います。

ストレスは膀胱炎を起こしやすいですが、ちょうど膀胱炎が起きるべくして、起きたのかどうかは不明です。しかし、もともと膀胱炎を起こしやすいのであれば、赤ちゃんの存在は大きなストレスです。同じ部屋ですみ分けてもらうのが、最善ですが、場合によっては、里子にだすほうが猫ちゃんにとって幸せということもあるかもしれません。一生のことなのでご家族でよく話し合いをなさってください。

発情期があるということは女の子ですか?できれば避妊手術を受けてもらったほうがいいでしょう。そのほうが発情しているのに交尾ができない、というストレスをなくすことができます。発情期に粗相しているのは粗相ではなく、マーキングといって、自分の臭いを周囲の雄たちに効率よく知らせる手段です。ただ、その頃はそれがストレスとなり、膀胱炎を発症しやすくしている、症状の表れかもしれません。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問