JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

猫の避妊手術について腹腔鏡下での手術もできると聞きました。猫のためには安全ですか。

解決済みの質問:

猫の避妊手術について腹腔鏡下での手術もできると聞きました。猫のためには安全ですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

5か月半の子には腹腔鏡の器具が少し大きめなような気がします。動物病院によってはないところがあり、まだ普及している器具ではありません。それに通常の手術のほうが時間が早く済むと思います。手術後にできる傷を考えたら、腹腔鏡のほうが小さく、3か所の小さな穴です。通常の手術では縦の傷です。まず近所に腹腔鏡のある動物病院があるかを調べられるといいでしょう。

成長を待って手術をするより、今手術をしたほうがメリットが大きいような気がします。それは、早期に避妊手術をすることで、後々の乳腺腫瘍の発生率を減少させられるからです。

個人的には通常の回復手術のほうが短時間で済むので安全な気がします。しかも、糸で結紮しないでできる器具があれば、なおさらです。

手術の麻酔はガス麻酔で、気管チューブを挿管し、静脈点滴して、心拍数、呼吸、酸素飽和度、血圧、体温などのモニタリングなどの最善策をとりながら行えばもっとも安全な方法といえると思います。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問