JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

8 6

解決済みの質問:

生後8ヶ月のメス猫です。6ヶ月のときに避妊手術をしました。それ以降血尿が続いています。膀胱炎と病院で診断され薬を飲んでいますが、血尿が止まりません。トイレの回数も多くありません避妊手術のときに膀胱を傷つけたのではと、心配しています。病院でエコーをとったり他の臓器について調べても異常なしとのことです。どのように治療をしたら良いのでしょうかよろしくお願いします。ストレスが原因と診断されました。


食欲もあり、お水も良く飲みます。避妊手術後、実家に連れて行ったときに実家の猫にいじめられて


おしっこができずに溜めてしまったことがあります。手術の傷が癒着してしまったのでしょうか

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

通常、避妊手術で膀胱を傷つけることはありません(可能性がないわけではありません)。年齢的には若いですが、猫の特発性膀胱炎だと思われます。確定診断には開腹し膀胱を一部切り取って病理組織検査を行います。特別な治療 方法はなく、脂肪酸で炎症を抑えたり、食餌成分が配慮された、食餌療法を行います。また、環境ストレスが発症要因になっていますので、ストレスのない穏やかな生活が必要だといわれています。キャットタワーのような高台で、外がみられるようなところが、一般的に勧められます。細菌性膀胱炎を併発しやすいので、ひどい時には尿を培養し、抗生物質感受性試験を行い、有効な抗生物質をチェックします。

yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問