JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

16 1 1

解決済みの質問:

猫(16歳)メスが関節炎のようです
かかりつけの獣医さんにも見て貰い1週間(毎日1回)の鎮痛剤らしき薬を与えましたが
あまり効果が無いようです
前から「もう歳だから・・・」と言われてましたが、1か月前位から急に症状が悪化したようです
コンドロイチンの粉末サプリメントは毎日与えています
今は、歩くのもゆっくりでベットにも上がれません
何か、良い薬はないものでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 何処の関節が炎症になったのでしょうか。関節炎になってしまうにも様々な原因があり、治療法が変わってきます。
 感染性や栄養性、リウマチのような免疫介在性など様々です。感染性であれば多くが局所の疼痛や腫脹、熱感がみられ、抗生物質等の併用が必要です。栄養性の場合、コンドロイチンやグルコサミンの投与が必要ですが、即効性は無く、効果が現れるのに数ヶ月かかることがあります。免疫介在性は多くが発熱を示し、レントゲン検査で著変が見られないことがあり、治療はステロイド剤や免疫抑制剤等が必要になります。

 また、高齢で体重減少と食欲減少があるようなので、内臓の障害による新陳代謝の低下が原因で筋肉や骨の低下、脊髄など神経の障害、そして腫瘍の存在も考慮に入れなければなりません。
 
 運動能力の低下が、体重減少と食欲低下の関連があるか否か、血液検査等もしてもらったほうがいいと思います。
質問者: 返答済み 6 年 前.

arinko様

 

お世話になります

 

数か月前に左足を少し痛そうにした歩き方をしてました

病院に連れて行き、薬を貰い、サプリメントを飲ませて解決しました

(この時、レントゲンを撮り左足の付け根の軟骨がひどくなってる事は獣医ともども確認してます)

今回は、左手が、そんなような状態になりました、注射をして症状は緩和されたようです

今は左手をかばっていません

おそらく・・・ですが、両手足の関節の軟骨に支障をきたしてると思います

感染性ではないと思います、熱も腫も見られません

高齢によるものと僕は思ってるのですが家猫なので運動不足も原因だ思います

獣医に相談して血液検査も受けさせますが、何か健康状態に戻れる薬はないものでしょうか?

 

すみません ご教授いただければと思います

 

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
 実際に診察してないので具体的な治療法をお伝えできないことを、ご了承ください。
 ネコの関節炎の治療は基本的にステロイド剤や鎮痛消炎剤を選択することになりますが、両方を併用することができず、高齢ですので、念のため血液検査をしてから投与したほうがいいと思います。肝臓が弱っている場合ステロイド剤は避けたいですし、腎臓が弱っていれば鎮痛消炎剤は使わない方がいいからです。
 現在、跛行が無いのに運動能力の低下があるならばその原因を探さないと薬が決められません。そして、それが老齢性変化によるもので治療可能か否か検査をしてもらったほうがいいと思います。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問