JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

1 3 SCOTTISHHOLD ( BREEDER

解決済みの質問:

こんにちわ。
1ヶ月ほど前に、3ヶ月のSCOTTISHHOLDの子猫(オス)をBREEDERから購入いたしました。
それまでは9歳になるオスのSCOTTISHHOLD(アーチといいます)だけを飼っていました。その子猫が来る少し前ぐらいからアーチは足をびっこにして歩くようになりました。少し様子を見ていましたが、痛々しそうなのでこちらの(私は南カリフォル二ア在住)動物病院で見てもらいましたら関節炎との診断でした。処方されたカプセルを毎日少しづつ餌に混ぜてあげていました。もともと食欲旺盛なほうではないので少しだけ与えていましたが、だんだんと食欲がなくなり今はほんの少ししか口にしません。見ていますと吐きそうな症状を何回も繰り返していますが、吐くこともしません。子猫はとてもアクテイブでアーチの餌を横から割り込んで食べてしまいます。アーチは威嚇することもなくそのままの状態です。子猫は来た 当初からアーチに甘えようとしましたが、子猫が近づくととても嫌がって威嚇しています。とにかく子猫はアーチに少しでも近づきたいようです。子猫がアーチの背中をもみもみする仕草が一番嫌なようです。アーチは生まれつき背中の骨が変形しているようで普通の抱っこは出来ません。我が家にもらわれて来たのは彼が2歳のときでした。その時は正直ボロボロという状況でした。ブリーダからもらってきましたが、ほとんどお世話をしてもらっていないようで毛はカチカチで触ると痛いので泣くほどでした。また生まれつき呼吸気系が弱くって彼のお鼻はとても小さいです。そんなハンデイのある子なので大切に様子を見ながら育ててきました。 今回、子猫をもらったことで彼の環境が落ち着かないのでそのストレスもあるかなとも考えました。餌は缶フードと普通の固形を与えています。
缶フードは好きな種類でであれば少しは食べます。でも以前と比べると体重の減少は明らかで目やにも以前よりひどくなっています。気がついたときはそのつどガーゼのハンカチで拭いてあげています。長々とすみません。
今までは考えていませんでしたが、檻を購入してアーチを子猫から遠ざけてあげればストレスも減るかなあとも
考えています。 どうかよろしくご指導のほどお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.
やはり子猫は活発ですので、9歳の 老齢猫には荷が重いと思います。できれば、別々の部屋で飼育するか、子猫を大きな高さのあるケージで飼育することが最善でしょう。そのうえで、アーチちゃんの体調が病気による可能性もあるので、動物病院で検診を受けましょう。高齢猫は腎臓病が多いですので、それがまずもっとも心配です。また、関節炎は治らない病気ですので、消炎鎮痛剤が必要かもしれません。いま与えているカプセルはコンドロイチンというサプリメントではないでしょうか?症状をお話しして、薬の処方を検討してもらってください。スコティッシュフォールドは遺伝的に関節疾患をもっていることがありますので、子猫も同じような状況になるかもしれません。定期的な検診はかかせないでしょう。
yasuyukiをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問