JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

10

解決済みの質問:

初めまして、もうすぐ10歳なります雄猫の事でご相談なのですが、組織球性悪性腫瘍 と診断されました。左後ろ足が、腿のあたりから大きく腫れています。リンパにも転移しているとのことで、緩和治療で少しでも楽に生活できればと、一週間前からステロイドをいただいています。
腫れは、一向に引かず熱も少しあるようです。食欲は、以前よりもあります。先生は、腫れは引かずどんどん大きくなるし、痛みもあるでしょうとのことで、出来れば、断脚をしてあげた方が、この子にとって良いのではと言われました。どうしてあげたらいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

 組織球性悪性腫瘍とは、悪性組織球症のとこでしょうか。この腫瘍は猫では非常に珍しく過去のデータが少ないので詳しくはわかりませんが、とある文献ではリンパ腫と同様の抗癌化学療法がある程度緩和する可能性があるとのことです。
 ステロイドの投与だけでは腫瘍は小さくなりません。ステロイドは鎮痛と消炎効果、そして多幸感作用を期待して使用しているのだと思います。以前より食欲があるのはステロイドのせいかもしれません。
 すでにリンパに転移しているのであれば手術をしても根治治療にはなりません。ただ、その原発の腫瘍がそこにあることによって痛みや生活に障害が出たり、腫瘍が大きくなると壊死してくるので腫瘍の容積減量し、壊死のリスクを減らす目的での緩和療法として手術を必要とします。断脚後、多くのネコは普通に走り回ることが出来ます。
 転移している場合、完治はかなり難しいと思います。この子にとって苦痛を和らげ、クォリティー・オブ・ライフ(生命の質)の向上を主眼においた治療が必要と思います。
 癌患者に良い食事やサプリメントなどを利用してもいいと思います。これらはちゃんと動物用があります。
 今後考えられる障害や苦痛を考えて手術をするか否かを考えてあげて下さい。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。やっぱり断脚の方がいいと思います。

最初の二三日は、痛みがあるとのことでしたが、その後の生活は、あまり不住ではないと言われていましたので、そうしてあげた方がいいように思えてきました。

明日、先生にお願いしに行ってきます。気がついた時から2ヵ月半いろな方に見ていただいて、いままでに来ました。最終的には、自分が決めるのですが、かなり迷いました。

治らないがんであるなら、苦しいがん治療は猫にとって地獄だと、思いました。なので、緩和治療にしようと思いホームドクターにお願いして、ステロイド治療にしました。

ですが、ご意見を伺うと、これもかなり酷な処置方だと認識しました。出来るだけ長生きしてほしとの思いからそうしたのですが、明日、先生にお願いしてきます。本当にありがとうございました。

専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
この子と飼い主さんの生活が長く送れることを祈っています。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問