JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

12

解決済みの質問:

はじめはちいさなかさぶたが、猫(避妊メス12歳)の左目の下に出来て、そこから毛と皮膚がはがれて、
それがどんどん広がって、現在、目の周囲に500円硬貨くらい、皮膚がありません。赤くただれてしまって
どんどん広がって悪化する一方です。
ずっと動物病院で抗生物質を色々変えて飲ませてますが改善しないまま、今も薬を飲ませてます。
食欲はあるのですが、痩せてきてます。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 歯の処置は最近したのでしょうか?左上顎の奥歯の歯根膿瘍があると、左目の下の皮膚が穴あいて、膿汁が出てくることがあります。

 食欲があるのに痩せる高齢のネコで多いのは甲状腺機能亢進症の疑いもあります。避妊手術をしているのに発情したように鳴いたり、落ち着いている時でも呼吸が早かったり、ところどころ皮膚病変が生じることがあります。放置していると、甲状腺ホルモンの影響で心臓に負担がかかり心不全になってしまいます。

 そして、高齢ですと扁平上皮癌など皮膚に出来る腫瘍の事も考慮しないといけません。

 一度血液検査(甲状腺ホルモン測定も一緒に)と細胞診等の病理検査を行なってもらうといいと思います。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

歯の処置は2年前くらいだったと思います。

泣くことや呼吸が速かったりすることはありませんが、もともとおっとりした猫で興奮したり走ったりすることのない猫です。ところどころ皮膚病というのが、まさしく思い当たります。

ずっと通っている動物病院で血液検査と細胞診等の病理検査も受けてるのですが、特に異常があると言われたことがありません。

治療して治るようでしたら、これ以上目の周りの皮膚が落ちていくのを見るのが辛いので

何とか食い止めたいのですが、高齢ですので、猫にリスクのある治療で負担をかけたくありません。

ですが痛みなどあるようなら取り除いてあげたい思いです。

住まいは千葉ですが、近県で専門医で見ていただける獣医さんがおられたら教えて頂きたいです。

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
 千葉県での皮膚の専門医は、申し訳ありませんがしりません。ただし、かかりつけの先生に、大学病院等の受診を希望してみてはいかがでしょう。関東でしたら、日本獣医生命科学大学、麻布大学、日本大学、東京大学、東京農工大学があります。受診にはかかりつけ医の紹介状が必要で、どの大学を選ぶかは相談してみてください。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問