JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

地域猫、7歳の雄猫です。 今年の春先から徐々に鼻呼吸の音がするようになり、今では体全体で呼吸をしている状態です。

解決済みの質問:

地域猫、7歳の雄猫です。
今年の春先から徐々に鼻呼吸の音がするようになり、今では体全体で呼吸をしてい る状態です。
開口呼吸にはなっていません。
鼻水がでることもなく、目にも異常はありません。
元気もあり、食欲も旺盛ですが、呼吸が苦しそうで不憫です。
動物病院から、インターフェロン入りの点鼻薬と抗生物質、消炎剤を処方していただきましたが、点鼻薬は嫌がり、私に寄り付かなくなってしまいました。
抗生物質は粉状にして食事に混ぜ、10日間投与しましたが、効果は見られませんでした。
天神宝というサプリメントも試しましたが、こちらも効果はありませんでした。
春先に、何かに反応して、まるで静電気に触れたような動作をしていましたので、アレルギー疾患かな、と思うのですが。
現在は私に警戒して傍に寄らない状態が続いていますので、病院に連れていくことも難しく、また捕まえられたとしても、興奮からさらに呼吸が苦しくなるのではないかと心配です。
どのように対処したら良いでしょうか。
ご指導、よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

症状とすでに治療した内容から、猫ちゃんのアレルギー性喘息を疑います。

もし、息を吐く時に特に苦しそうな音が出るのであれば、可能性はさらに高いとおもいます。

喘息の場合、季節が変わると良化するケースもみられます。

治療にはステロイドが著効します。ステロイドは内服薬でも処方してもらえると思いますが、副作用も伴うお薬ですので、なかなかお話しをしただけでは処方してもらえないかもしれません。

他に、気管支拡張剤(内服)や吸入処置なども効果があります。

猫ちゃんの呼吸の状態を動画などに記録して病院さんに相談するのも方法の一つです。獣医師は呼吸の仕方である程度どこの病態かを予測することができます。

もちろん確実ではありませんので、できれば、何とか一度ねこちゃんを捕獲して病院にて血液検査、レントゲン検査などにてアレルギー性喘息の診断を受けてから治療をしてあげてほしいです。(興奮によって症状が悪化する疾患としては心筋症や胸水、肺炎などのもので、進行性の病気がほとんどです。つまり、どちらにしても弱っていくか、悪化してしまう可能性が高いので、病院に連れて行く方がいいと思います。)

捕獲の方法は病院さんとご相談するのがいいと思いますが、一般的には食事を与える場所を車庫の中 や物置など、徐々に狭くしていき、最終的にケージの中に食事を入れて食べている間に扉を閉める、という方法で捕まえることが多いです。この状態で病院につていくと、その先は病院のスタッフの方がうまく保定してくれると思います。また、病院によっては猫ちゃんの捕獲用の網や捕獲器をお持ちのところもありますので、うまくいかない場合は相談してみるのがいいと思います。(ただし、捕獲器を使用すると猫ちゃんがしばらく恐怖心を覚えてしまうことがあります。)

他の病気の可能性としては、気管支炎、喉頭や気管支にできものができている場合、心筋症、感染症などが考えられます。

 

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
ご回答、ありがとうございました。
ステロイド剤は、免疫を抑える作用をするのだと理解しておりますが、アガペットというサプリメントと併用しても問題ないでしょうか。
アガペットはβ-Dグルカンを主成分としたサプリメントです。

猫 についての関連する質問