JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

左に傾きます。バランスがとれず転倒もします。左顔面鼻付近が腫れています。三半規管内に慢性的な炎症痕があり肥厚が有るそ

解決済みの質問:

左に傾きます。バランスがとれず転倒もします。左顔面鼻付近が腫れています。三半規管内に慢性的な炎症痕があり肥厚が有るそうです。CT検査で脳・脳髄液の異常は見つかりませんでした。現在、ステロイド、抗生剤、抗ウィルス剤の薬を使っています。(我が家に来て6ヶ月です。捨て猫でした。高齢です。エイズを持ってます。インターフェロンの注射を週1回のペースでしています。)左に傾く症状が出たり消えたりするのはどうしてなのでしょうか?エイズに罹患しているので免疫力が低い事を加味しても、体が左に傾く事だけでも治す(完治しなくても)治療法はないのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

左鼻あたりが腫れているとのことですが、左鼻は詰まっていないでしょうか?慢性的な鼻炎などはありましたか?

腫瘍などではな く、慢性的な炎症痕があるとのことですので、鼻や耳の炎症が三半規管に波及したのではないかと思います。左に傾くのは炎症のせいですので、ステロイドで炎症が治まれば、それが元に戻ることも十分あるとは思いますが、完治は難しいかと思います。なぜなら根底にエイズがあるので、やはりステロイドを使う量や期間も限られてくるからです。エイズで免疫力が低下しているのに、さらにステロイドを使って免疫力を下げると、いろんな病気をまた併発したりしますので、抗生剤はしっかり続け、外などには出さないようにしたほうがよいでしょう。

loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問