JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

こんにちは 5週間ほど前から、嘔吐が始まり、嘔吐の回数が増えました(一日3回~4回) 3週間ほど前から食事を全く

質問者の質問

こんにちは
5週間ほど前から、嘔吐が始まり、嘔吐の回数が増えました(一日3回~4回)
3週間ほど前から食事を全く取らなくなりました。

嘔吐する前は原因不明でしたが( 「かび」とかではなく)鼻先をかきむしり傷が治らないので
エリザベスカラーを1ケ月以上、つけていました。

食事をしなくなった時点から元気もなく、現在は獣医さんに通いながら点滴の毎日です

点滴を続けていると、少し良くなったりで小さじ1つ位、餌を食べたりしましたが
また、嘔吐の日々が始まったりと・・繰り返しです。
今は、すっかり痩せて、足もふらふらです。

血液検査2回、バリウム検査1回
これと言って原因は見当たらない。
長毛なので、異に少し毛が有るようだと、毛をだす薬も飲ませていました。

素人の私が見ていて、もうダメな気がしています。
回復するどころか、どんどん弱っています。

これ以上、私ができる事はありますか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは

 経過も長く、改善してきてないと心配です。

 もしかしたら、ですが、膵炎があるかもしれません。これの確定診断は猫の膵炎の時に増加する物質(f-PLI等)を測定できる検査機関に血液を送って調べます。一般の動物病院で 出来る血液検査では異常値が出ないことが多いです。この治療はやはり点滴が主軸になり、膵炎によって生じる自己融解を抑える薬を投与します。そして、膵炎によって膵臓から出る消化液が分泌されなくなっていれば、いくら食事を与えても消化吸収が低下しているので痩せてきます。また、膵炎によって膵臓から出るインスリンの分泌が低下し膵炎後糖尿病となり、やはりやせます。

 他には、何処かは分かりませんが、腫瘍なども隠れているかもしれません。どこかに原発となるシコリを見つけることが出来れば良いのですが、はっきりしないものは見つけることが困難です。

 原因がわかれば治療方針を決めることが出来るのですが、まだわからないとなると、点滴と給餌で今をしのいでいくしかありません。自宅でのこの子の看護が少し増えますが、自宅点滴ができないか相談してもいいと思います。
 また、給餌が大変なら経鼻カテーテル等を装着してもらったも良いと思います。おとなしいければ経鼻カテーテルなら麻酔無しで付けられます。吐き気がなくなっていれば、これを付けることにより、必要量をしっかり与えることができるようになります。
 
 可能な限りがんばってください。そして、その子に対する愛情が一番の薬と小生は信じています。
arinkoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

システムの使用方法も確認しないまま、藁にもすがる思いで、まとまらない文章で送信してしまいました事、深くお詫び申し上げます。

治療の方法を聞くつもりが、頭が混乱して気構えの質問になっていました。

 

回答ありました内容を先生に伝えてみます。

今、病院に寄ってきましたが先生も色いろ考えて下さっていました。

別な病院(大学の病院ですが)に行ってみるのも、一つの方法との事

 

すぐには思い浮かびませんでしたが、ビニール(乾物の袋など)破かれた事も多々ありますので胃の中にある可能性も聞きましたが、それならば今、与えている「キャットラック」で多分、出ると思うとの事。

ただ、今は便が全然出ないので、すぐには無理かとも思いました。

心音も普通ですし、肛門から指を入れて便も確認して大丈夫とおっしゃっていました。

 

大学の病院も視野にいれて、病院の先生と相談してみます。

金銭の悩みもありますが、やれる所まで、頑張ります。

本当にありがとうございました。

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
頑張ってください。努力が報われることを祈っています。
そして、その子も飼い主さんのことを感謝していると思います。

猫 についての関連する質問