JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9 1

質問者の質問

こんにちは。東京でチンチラ9歳を飼っています。完全室内飼い1頭飼育です。
1週間前食欲低下、震えのため、受診しました。レントゲン、エコー検査の結果、子宮炎もしくは子宮蓄膿症の可能性ありとの診断を受けました。血液検査は異常なし、熱は41℃でした。抗生物質を1週間服薬させ、食欲が戻り回復したかに思われましたが、薬をやめて3日後再び同じ症状になってしまいました。
手術がベストであるとのことですが、治療の際、猫が暴れてパニック?を起こしそうになるため、点滴や注射、入院などの術後のケアができないため、手術はリスクが高いと獣医さんから言われました。
猫のストレスを考えると薬でちらす方法が良いと考えていましたが、やはり手術しかないのではないかと思うようになりました。
このような状態の猫を手術し、ケアする方法はあるのでしょうか。東京で受け入れてくださる病院はありますか。
長文になりましたが、何卒ご回答の程お願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
確かにそういうこの場合はリスクは高くなりますね。
処置中に暴れて心発作という可能性もなくはないです。

パニックになる子の場合、無理やり抑えて処置をすることが多いですが、入院中であれば、心臓腎臓等が悪くなければ軽い沈静状態にすることもあります。

今の状況では確かに早めに手術をしたほうがいいと思います。
病院に関しては、受け入れてくれるところはあるはずですので、事情を電話で話して聞いてみてください。
それなりにスタッフの数がいる病院であれば可能かと思います。
質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答の質.

猫 についての関連する質問