JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
61199096
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

初めまして。 半年以上、病院に通っていますが、愛猫の皮膚炎??が改善しません。 原因がわかればいいのですが。。。

質問者の質問

初めまして。
半年以上、病院に通っていますが、愛猫の皮膚炎??が改善しません。
原因がわかればいいのですが。。。
以下、概要を記載します。
ご返答をお待ちしております。

■6歳の男の子(MIX)
■完全室内飼い/フロントライン済み/食事はロイヤルカナン(メールケア)
※人間の食べ物はほしがりません。猫用おやつを少々。
※血液検査でもアレルギーはありませんでした。
■最初は、両耳の縁が赤く炎症を起して、被毛が薄くなりました。
その後、炎症は治まりましたが、今は白いカサブタのようなものができた後に、毛が抜けます。
消毒液とビクタス(塗り薬)を毎日塗布していますが、一進一退の状態です。
他にも、1mm以下の黒い塊?のようなものが耳にできて、こちらも放っておくと、被毛と一緒に剥がれます。
かゆがりますが、現在は炎症はありません。
耳以外には広がりません。

よく遊んで、排泄物もモンダイないと思います。
何か原因がわかればよいのですが。
宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 考えられるものを挙げてみますと、
  •  一般的に耳の皮膚に炎症を起こすものとして、ヒゼンダニ(カイセンダニ)を考えます。 フロントラインでもある程度このダニにも効果はありますが、治療目的では効果はいまいちのようです。
  • ビクタス(抗生剤の商品名)に耐性を持つ細菌感染。
  • 耳の縁は体温より低く、血管が細くなり、血行障害を起こしたための壊死。
  • 消毒薬によるカブレ。
  • 好酸球性皮膚炎等の非感染性皮膚炎。
  • 他に腫瘍やホルモン性疾患関連皮膚病変など。
 あまり改善がないようなら、もう一度皮膚検査をしてもらい、原因が見つからないようなら、病理組織検査や細菌培養・同定検査など追加検査をしたほうがいいと思います。
 

猫 についての関連する質問