JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

4 ( ) 7/24 ( 2 )

解決済みの質問:

質問は生後4か月のソマリの子猫(オス)についてです。

【環 境】7/24にメインクーンの雄猫(生後2月半)を一緒に飼い始めております。私がいるときは一緒にしておりますが、外出時・就寝時にはメインクーンは別の部屋でケージに入れています。(ドアも閉めた状態)
【食事など】水は大量に飲みます。ご飯は朝・晩にウエット(少々)とドライ(10g)を混ぜたもの。日中はドライフードを15g置いております。

【質問】①7/28の昼過ぎから下痢をしております。(今朝までに2回かなり柔らかい便をしております)これまでも軟便が続いており、7/29に病院に連れて行き、異常がないことを診ていただいております。

②28日に昼過ぎから何度もトイレに行くものの、おしっこもせずに出てきてしまいます。その後夜寝るときに、陰部をチュウチュう吸う行動をしていました。

こういう状況ですが、病院に再度連れて行ってお医者さんの診断を仰ぐべきでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

軟便が続いているとのことで、異常が無いとの診断だったとのことですが、本日で5日目となりますので、整腸剤や下痢止めなどの処方をしてもらったほうが良いと思います。あまり長引くと下痢に移行してしまうこともあります。

また、トイレに行っておしっこをせずに出てくる、というのには2つほど原因が考えられます。

一つは「しぶり」行動で、大腸性の下痢の場合や大腸に炎症を起こしている場合、便が出なくても、何度も便意を感じてトイレでいきむ姿勢がみられます。軟便・下痢の治療を行うと治まります。

もう一つは膀胱炎症状です。残尿感があったり、尿道に炎症があると陰部を舐めたりかじったりします。陰茎部に炎症が起こると、そこにカサブタや血腫ができて排尿困難になることもあります。また、若齢ですので、多くはないと思いますが尿結石症の可能性もあります。

病院に行って、便検査、尿検査を行ってもらうことをお勧めします。

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問