JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

メス猫の避妊手術はいつ頃にしたらいいのでしょうか?

質問者の質問

メス猫の避妊手術はいつ頃にしたらいいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
若 いうち(1歳以内)されることをおすすめします。
どれくらい早期からがいいかというのは議論が分かれており、アメリカでは近年、3カ月程度から避妊手術をすることも多いそうです。
早期避妊のメリットは、ホルモン関連性の病気(乳腺腫瘍など)の可能性が限りなくゼロに近づくということらしいです。
デメリットだと考えられていた成長への影響というものもほとんどないという研究結果が出ているそうです。

僕が勤めていた2件の動物病院では6カ月以降にやっていました。
理由は、それほど急がなくても乳腺腫瘍の予防効果は十分あるということと、麻酔のリスクを少しでも減らすということです。
実際、僕が見たワンちゃん猫ちゃんで、1年以内で避妊手術を受けて、乳腺腫瘍が発生した子は見たことはありません。
ワンちゃんの場合は1度生理(発情出血)がくると予防効果が多少落ちるというデータは発表されているのは事実ですが。

というのが現状です。
早期避妊に関しての麻酔のリスクは実際経験していないのでわかりませんが、成猫に比べると肝臓腎臓機能が発達しきっていない子猫ちゃんでは多少なりともリスクは上がるのではないでしょうか。

少しずつ増えているということですが、日本では早期避妊はまだそれほど一般的になっていないのではないでしょうか。
どちらがいいというのはまだはっきりとはいえません。
それぞれにメリットデメリットがありますので、飼い主さんが考えられて、実際手術していただく先生にも相談されてやられるのをお勧めします。