JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

13 25 26

解決済みの質問:

13歳の雄猫です。25日の夜 に黒い便をしていて食欲がなく26日の朝に検査に行ってきました。バリウムを流し胃の終わりの方で一旦流れが止まるとのこと。検査の結果、胃の終わりの方に遺物があり、内視鏡で取り出した結果毛玉でした。小腸の入口まで内視鏡で進んで、そこからは麻酔が切れてきてネコが痛そうだったので終了したらしいですが、小腸が充血して腫れていたそうです。病理検査に出し、一週間後に悪性か良性かの結果がでるそうです。先生から、もしかしたら結果がわかるまでもつかわからないと言われました。かなりの貧血もあり、もし結果がわかり手術しても耐えられるかとのことでした。今は、止血剤・ビタミン・食欲が全然ないので水分の点滴をしているとのことでした。尿は少し血尿がかっているかもしれないとのことです。9時頃から点滴開始し、14時頃まで元気だったらしいですが、ペースト状の餌を出したらよだれが出て嘔気が出てそこからまた元気がない状態らしいです。昨日、今日、朝病院に連れて行き点滴をしている状態です。腺癌の可能性が大きいとお事でした。どうしてもまだ一緒に居たいのです。助かる方法はないのでしょうか。お願いします。助けてください。居てもたってもいられなくて、メールしました。もう一度、元気でよく食べよく遊ぶ姿が見たいのです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
お気持ちよくわかります。私の猫もこの前8歳という若さで腺癌のため亡くなりました。
私の場合も内視鏡やバリウムなどしましたが、嘔吐の原因がわからず、開腹したときには
腹膜やいろんな臓器に転移していて、もう手遅れでした…。 それから1ヶ月いろんなことを
試しましたが、亡くなりました。

この子も、もし小腸腺癌なら、麻酔をかけるリスクもありますが、開腹して癌におかされた
部分を除去したほうがよいです。なぜなら腺癌は、早期に手術することで余命がかなり
変わるからです。
ただし、腺癌は手術後に亡くなる子がかなりの確率で見られます。
術後2週間頑張れたら余命は長くなります。
飼い主さんがどうしても助けたいなら一か八か手術するしかないでしょう。
手術しなかったらもう余命はほとんどないと思ったほうがよいです。

私は術後抗がん剤をしたり、鼻にチューブをいれたり、いろいろ試しましたが、開腹したとき
転移していたので、厳しいものとなりましたが、この子にまだ転移が見られなかったらまだ
間に合うかもしれません。
お気持ちは痛いほどわかります。何かあれば、なんでも聞いてください。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問