JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

はじめまして。宜しくお願いします。

解決済みの質問:

はじめまして。宜しくお願いします。 13歳程の雑種雄猫*去勢済*を飼っています。毎年ワクチン接種を受け、数年前からは同時に血液検査も受けています。昨年10月、体調が悪くなり血液検査を受けた所Creの数値が悪く現在2週間に1度点滴を受けています。今年4月の再検査で数値は改善されていました。食事は腎臓用のk/dを食べています。 お尋ねしたいのは猫の咳 です。昨年から続いており、点滴の際に診察してもらい薬を1週間分もらって飲ませていますが改善されません。最初は、喉に何かひっかかってるような感じで『ケホケホ....』と乾いた咳をしながら後ずさりし最後に『ゲ~』と吐くようなしぐさをして咳が止む。と言う事が1日のうち数回ありました。投薬で一時は治まりましたが、3週間程してまた同じような軽い咳をしだし、今回は最後の『ゲ~』は無かったのですが心配でしたのでまた薬をもらって飲ませました。 ともかく、2~3週間のサイクルで 咳が出る⇒薬を飲ませる  の繰り返しです。 最近は痰が絡んだような湿った咳をするようになりました。 喉を鳴らす時などは怪獣の声のように「ガルルガルル」と音がします。食事の時や水を飲む時も痰が絡んだような音がしています。 通院している病院は設備は新しいのですが、先生があまり説明してくれません。たまに説明しても専門用語が多く、結局いいのか悪いのか判断できません。以前飼ってた子の時から20年程通っています。今の先生は2代目です。 思い切って病院を変えてみようかとも思っています。が、田舎に住んでいる為件数も少なく迷っています。 咳以外は元気で夏バテもせず食欲も旺盛です。(体重は5.15Kg) 屋外に自由に行き来ができ、春先ぐらいから日中はほとんど外に居ます。トイレも庭で済ませています。 こんなに年寄りになるまで飼った事がないので、とにかく何もかもが心配でなりません。 説明が下手で分かりにくい長文になりましたが何かアドバイスを宜しくお願いします。先週1週間薬を飲んでいますが、今回は咳が続いています。痰が絡んだような咳や喉を鳴らす音は毎回ではありません。朝夕が多いような気がします。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

猫ちゃんの咳の原因には気管支炎や肺炎、アレルギー性喘息、心疾患による肺水腫での咳、胸部の腫瘍などが考えられます。

薬を飲んでもまたすぐに咳を繰り返し、慢性化しているのであれば元気でも咳の原因を調べるために、病院でいくつか検査をしてもらうといいと思います。

胸のレントゲンを撮ってもらうと肺の状態がどうなっているのか、肺に炎症が起こっていないか、気管の状態は大丈夫か、胸にできもの(腫瘍など)ができていないかを判断してもらいます。また、心臓が大きくなっていないかなどがわかります。

また、血液検査をしてもらうと、炎症がどの程度ひどいのかわかります。外に出る子なので、季節性の植物に反応しているアレルギー喘息の可能性もあると思います。その場合もレントゲンでの特徴的な肺の状態や、血液検査で好酸球というアレルギーを起こしている時に増える白血球の割合が多くなるなどの変化が出てくることもあります。

また、聴診によって心拍数の増加や雑音があったり、心筋から出る酵素が上昇していれば心臓疾患のこともあります。レントゲンで分からなくてもエコー検査によって診断がつくことがあります。心疾患があるようでしたら、腎疾患の為の点滴によって知らないうちに心臓に負担をかけ、咳につながることがあるので、心臓の治療を行いながらの点滴治療をしなくてはなりません。

肺炎はかなり全身が苦しい状態になるので、症状もわかりやすいと思いますが、他の病気ではかなり進行しないと元気・食欲までは異常を示さないことが多いので、区別がつきにくいです。猫ちゃんは本当に強いので、少しくらい具合が悪くてもかくしてしまうのです。。。

あまり咳が長引くと咳に体力を奪われてしまい、痩せてきます。早いうちに以上のような検査をしていただいてはいかがでしょうか。

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問