JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

16 1

解決済みの質問:

はじめて質問させていただきます。
よろしくお願いします。

うちで飼っている雄猫(16歳、去勢済み)が1週間ほど前から食欲がなく、病院に行くと口がただれていて
抗生物質をもらいました。
口の歯 周病や口内炎は、2年ほど前からあり、そのたびに抗生物質で抑えています。

半年に1回ぐらい口が痛くて食べられなくなります。

今回は、その症状がひどく、元気ですがなかなか食べられず
痩せていき、現在3.4キロです。

ご飯は食べたいようでのぞくのですが食べられなかったのが、
昨日お刺身をぺろりと食べました。
そのあと缶詰も少し食べました。

それから薬(粉末)をあげましたが、
薬を与えるとその数時間後に吐いてしまいます。

今回は一気に食べ物を与えすぎたのかもしれません。

そして吐いた後にトイレに行くと、水便をしていました。
しかし猫自身はぐったりしておらず、今は寝ています。

食欲がないわりには元気ですが、2日前病院に行った時には
点滴をしてもらいました。

薬は嫌がりますが飲ませないと口の炎症もおさまりません。


口の痛みや赤みはひいてきており、ご飯は食べにくそうにはあまりしなくなりました。

今日心配だったのは、吐くこと、そして水便・・・

吐くなら薬は様子を見ながら与えるほうがいいですか?
水便は今回が初めてでした。

吐くのも薬を飲まなければ吐きません。

少量ずつ餌を与えて様子を見るのがいいでしょうか?

まとまりのない文ですがよろしくお願いします。

病院では血液検査をして、少し肝機能の数値が高いです。
エイズなどは陰性でした。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

お薬を飲んだ後に吐いたり、下痢したりというのはお薬が合わなくて消化器症状が出ているのかもしれません。

今まで飲んでいた同じ薬であっても、ある時期からこのような副作用が出ることがあります。

口内炎の症状は抗生剤で良化しているようですので、薬の投与法、種類などを変更してもらってはいかがでしょうか。

例えば、抗生剤の種類は多数 ありますので、粉、錠剤、液体があり、薬の種類の違いがあります。ある薬では吐きやすいけれど、他のものでは大丈夫、ということが結構あります。ただし、口内炎に反応の良し悪しはあります。(細菌同定や薬剤感受性試験をしていなければ、一般的に口内炎に効く、と言われている抗生剤の種類から処方していきます。)また、1種類の薬だけですが、1回注射すると2週間効果が持続する抗生剤もあります。(少し料金が高いとおもいます)お口から飲むのを嫌がる猫ちゃんには便利なお注射です。また、薬の副作用で下痢、嘔吐が出た場合、薬をやめても数日間はその症状が続くことがあります。

 

血液検査で腎臓には問題がでていないようですが、お口が痛くてご飯を食べられなくなったり、十分にお水が飲めないと体が脱水を起こして、年齢的に腎障害を発症しやすい状況です。口の状態が十分に改善しない場合は補助療法として定期的に点滴をしていただいた方がいいかもしれません。

質問者: 返答済み 6 年 前.

とても丁寧な回答をありがとうございました。

 

腎臓にひどい異常は見られないのですが、口の状態なども含め、

予防として腎臓の薬を以前飲んでいて、また飲み続けるほうがいいといわれています。

 

今日は、吐いたり下痢はありません(便はまだでていません)

 

朝から5回ほどにわけて少しずつ餌をやっていて薬も今日は与えていないので

吐いたりしないのかもしれません。

 

水も飲んでいて尿も出ています。

 

病院で何度も薬を吐くので、注射をしてほしいと伝えているのですが、

注射はその日しか効き目がないと聞いていたので、

先生のお話で2週間も効果があるものがあると聞き、してほしいと思いました。

病院にお願いしたらしてもらえますか?

 

また、食欲が完全に戻るまでは点滴に通うつもりです。

21日の木曜日に点滴をしてもらい、次回は25日に行くつもりですが

間隔はこれぐらいでいいでしょうか?

 

歯の歯石や口内炎もひどく、口の中にできものも1つできています(これが痛そう)

できものは抗生剤で赤みはひいてきており、癌かどうかはわかりませんが

心臓が昔からあまりよくないので全身麻酔での手術などは考えていません。

手術なしでの歯石除去を今後進めていくつもりです。

 

食欲がないときに与えるものでいいものはどのようなものがありますか?

 

よろしくお願いします。

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんばんは。

今日は吐かなかったようで、よかったですね。

 

2週間効くお薬は割と新しいお注射で、「コンベニア」という製品です。結構注射液が高価なので、使用していない病院もあるかもしれません。。。。(開封後に期限があるので、使用頻度が少ないと病院側の損失になってしまうので、、、)

 

また、点滴は吐いていなくて、少しずつ食べているのであれば4日くらいの間隔でいいと思います。もし、吐く回数が多かったり、水下痢をしたり、食欲が全くない時はもう少し間隔を短くしたほうが良いと思います。

 

手術なしの歯石除去というのは、無麻酔で歯石をカリカリとるということでしょうか?

もし短時間麻酔をかけるのであればお口の中のできものの生検をお願いしてみては、と思ったのですが、何分高齢ですから、無理はできませんね。

 

食欲ない時はムース缶などが与えやすいです。

また、缶詰を3-5mm位の塊の粒にして、猫ちゃんの目の前にポイ、とおいてみると少しずつ食べることがあります。

あと、アリ塚みたいに先をとがらせておくと、口が痛くても先っぽだけ食べてくれることがあるので、何回も(またはいくつも)アリ塚を作ると少しずつですが食べてくれることがあります。

腎臓が気になるのであれば、kdなどの処方食缶をミキサーにかけて、注射ポンプなどで少しずつ与える方法もありますが、これは口が痛い子は結構嫌がります。。。

 

がんばってください。

質問者: 返答済み 6 年 前.

すごく丁寧な回答ありがとうございます。

 

 

>手術なしの歯石除去というのは、無麻酔で歯石をカリカリとるということでしょうか?

もし短時間麻酔をかけるのであればお口の中のできものの生検をお願いしてみては、と思ったのですが、何分高齢ですから、無理はできませんね。

 

そうなんです。

無麻酔でカリカリするのですが、以前は歯石を取る際に歯も取れました。

無麻酔で歯が抜けるのもかわいそうでしたが・・・

麻酔をかけることがかなりハイリスクと言われていて・・・

短時間の麻酔も可能なのですか?

病理検査をするなら、取れる歯石はその時に取ってしまおうとも話しています。

短時間でも全身麻酔ですよね?

 

もし、なにかあったら・・・と家族は不安で。

 

ただ抗生剤の様子でもしできものがひいてくれば、それが一番いいのですが、

薬を飲み続けられないので、効果が得られず・・・

月曜日に病院で聞いてみたいと思います。

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

そうですよね、いつも高齢の子たちに麻酔をかけるのは飼い主様も獣医師側も不安がつきものです。

どんなに準備してもリスクはゼロにはなりませんので、、、。

でも、十分な術前検査、術前術後の点滴処置や抗生剤処置によって、リスクは軽減できます。主治医の先生と十分な話し合いのもとで選択する意義はあると思います。

 

短時間の麻酔でも、全身麻酔です。

歯の処置は結構敏感ですので、鎮静剤だけでは無理だと思います。

また、お口の中のできものは口内炎による炎症性ポリープか、扁平上皮癌の可能性があります。前者であれば、抗生剤、きちんとした歯石除去、抜歯などによってかなり良化が期待できます。

 

後者であれば予後はあまりよくありません。。。

でも、お口の中の痛みをとってあげる治療によってQOL(生活の質)を高めてあげられます。

 

口内炎の子は歯石除去や歯肉の炎症をとる治療(レーザー照射やステロイドの局所注射)を行うことで、口の痛みが軽減します。また、良くない歯を抜歯することでも痛みの軽減になります。あとは麻酔時間との勝負になりますので、麻酔の安定状況をみて、主治医の先生の判断でできるところまでやる、という感じでしょうか。

一番効果がみられるのは全抜歯という処置ですが、これは麻酔時間がかなり長くなるので、無理だと思います。

また、処置を行っても炎症のひどい子は数か月で症状がまた同じように悪化することもあるのがつらいところです。

 

もう一つ、全身麻酔下であれば食道チューブの挿入が可能です。

こちらは短時間の処置でできます。お口からも食べられるし、足りていない分はチューブから飼い主様が与えることができます。

首の周りにマフラーみたいに包帯で固定するのはかわいそうですが、お口の痛みが無く十分な食べ物を与えられるので猫ちゃんは体力回復ができます。また、そこからお薬を与えることもできます。吐き戻しなどでチューブが出てこなければ1か月くらい入れたままにできます。また、抜く際は麻酔は必要なく、簡単に抜けます。

 

以上、全身麻酔によってできる事やその利点についてと麻酔リスクについて考えたうえで麻酔処置を希望するか否かを考えてあげるといいと思います。

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問