JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

初めて質問させえていただきます。 早速ですが、我が家のキジ猫、推定17歳、が最近半年ぐらいの間に、食べた物を時

質問者の質問

初めて質問させえていただきます。

早速ですが、我が家のキジ猫、推定17歳、が最近半年ぐらいの間に、食べた物を時々吐くようになりました。

吐いた物は、食べ物のとき、胃液の時など決まってはいません。

えさは、高齢猫用のレトルトの魚と、高齢用の固形のえさを、一日、数回に分けて少しずつ与えています。

また獣医さん から頂いた人間用の腎臓を良くする薬を10年以上、毎日欠かさず与えています。

完全に外出させずに家の中で飼っています。

もともと元気がなく、良く眠るねこでしたが、最近も良く眠っています。

食べ物は自分からねだります。

吐いた後も、しばらくすると、自分からごはんをほしがります。

少し太っていて、昔からあまり運動はしません。

5年ぐらい前に肩に腫瘍ができて、つぶれたので、獣医さんに手術をしてもらいました。

最近暑いのでクーラーや扇風機を使っていますが、猫の体のことを考えて、控えめにしています。

一年ぐらい前に別の飼っていた同年齢の白い猫(名前は、みいすけ)が、検査で甲状腺機能亢進症であることがわかり、
痩せていき、死んでしまいました。

その死んだ、「みいすけ」は、生前は活発に動いていたのですが、昔から、毛玉や胃液、えさをよく吐く猫でした。

連想してしまい、今飼っているキジ猫(名前は、こたろう)も近いうちに死んでしまわないか心配です。

家族がみな、この二匹のねこに20年近く、いやされてきました。

老齢で、消化能力が衰えてきていると思いますが、何かしてあげて、もっと長生きできるようにできないでしょうか。

アドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

高齢の猫ちゃんなので、腎不全・甲状腺機能亢進症・心筋症などが心配です。

太っているとのことなので一般状態はいいように思いますが、一度病院で血液検査を一通り受けられたらいかがでしょうか。

慢性腎不全の場合は水の飲む量とおしっこの量が徐々に増えていきます。それから、吐く回数が増えていき、食欲が落ちていきます。また、進行してくると痩せてきたり、脱水で毛並が悪くなったり、口から独特の異臭を出すようになります。

甲状腺機能亢進症ではやはり水の量、おしっこの量が増えます。この病気は興奮気味になることも多く、(夜にニャーニャーと発情しているようにして動き回ったりします。)良く食べるのですが、反対に痩せていきます。また、心臓に負担をかけます。

心筋症では時々口を開けて呼吸をしたり、変な咳みたいなものをすることがありますが、初期は無症状の事も多いです。進行すると少し動いたり興奮したりすると口で息をします。また、急に後ろ足が冷たくなって、引きずるようになる血栓症を併発することもあります。

まずは以上のよくある病気にかかっていないか健康診断を受けてあげるのが一番の長生きの秘訣です。なぜならこれらの病気は早期診断・治療によって、病気の進行を遅らせることができるからです。

また、血液検査では吐き気がその他の内科疾患に関連するかどうかもある程度わかります。

膵炎、胆管肝炎、肝臓疾患、3臓器炎などがあり、どれも吐き気を伴います。

 

腎臓の人用の薬というのは黒い、炭のお薬ですか?

これを処方されているということは、10年前にすでに何らかの腎臓機能低下が出ていたということだと思います。だとすると、ある程度進行してしまうと薬だけでは症状が追い付かず、定期的な皮下点滴や吐き気止めの処方が必要になります。また、進行してくると慢性腎不全から貧血を呈するようになりますので、こちらも治療が必要になります。これらの判断は血液検査で分かります。

最後に、血液検査で幸いにもどこも悪くない、とすると胃そのものの疾患の可能性もあります。胃炎、胃運動低下、胃や腸にできる腫瘍(リンパ腫など)、食物不耐性など、、、。

これらは胃のX線検査(場合によっては造影検査)や腹部エコー検査によってある程度判断ができます。また、吐き気止めや、胃の制酸剤、消化の良い処方食などによって症状の軽減が期待できます。

猫 についての関連する質問