JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

FIP

質問者の質問

3か月、♂、MIX(スコ&ラグドール)の猫です。下痢をしたために病院へ連れて行きました。はじめは 風邪の対処をしていただきましたが、まだ高熱(9.6℃くらい)、腹水、時々くしゃみと下痢を続けて発症しています。血液検査では黄疸、貧血(赤血球数、ヘマトクリット値、ヘモグロビン全てが低い値)、白血球数の増加(中でもsegの増加)が見られました。腹水の検査もし、FIP陽性の結果を受け取っています。しかし、緩慢ではありますが家じゅうあちこちを歩き回りますし、食欲が旺盛です。夜中にたたき起こしてご飯を要求しますし、食べ過ぎを疑うくらいに食べます。水を飲む量と尿も多いような気がします。通常一週間で交換するペットシートを三日目で交換したくなるくらいです。尿の色がやけに黄色く見えます(黄疸でしょうか)。お腹が熱いようで、お腹を冷やせる場所を探して家じゅうのひんやりした場所に移動します。人がいるときは仰向けになってお腹をさすらせることもあります。かかっている病院ではFIPの診断を受け、インターフェロン(+解熱、下痢止め)を打ってもらっていますが、「腹水=FIP」という安易な図式が出来上がっているような気がします。FIP以外の可能性は考えられないのでしょうか。他の病気(たとえば腎臓系)であっても、今の治療を続けていいのか悩みます。その場合、血液検査、腹水の検査、レントゲン、エコー以外の何を検査すれば病名を特定できるのでしょうか。たとえば、尿検査をすると血液検査では異常が認められなかった腎臓や肝臓の異常が見つかったりするのでしょうか。 FIPと認めたくない、言い訳を探しているだけのわがまま飼い主だという自覚はあります。 FIPの他に考えられる病名、自宅でできることがあれば教えていただきたいのです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
まず腹水があった場合はその腹水が漏出性か滲出性かが重要になってきます。
これによりその腹水が炎症に伴って出てきているもの(滲出性=腹水の比重・タンパク含量が高い)なのかそうでないもの(漏出性=腹水の比重・タンパク含量が低い)なのかの区分ができます。
100%ではありませんが、FIPは漏出性の腹水になります。
滲出性の原因には様々な原因による腹膜炎(感染性、癌性など)が主なものになります。
漏出性の原因には高血圧(心臓疾患、腎臓疾患など)、低たんぱく症(肝臓疾患、胃腸疾患など)、門脈高 血圧(肝硬変など)があります。
漏出性であればFIP以外の要因の可能性も高くなってきます。

ただし、飼い主さんの書き込みを見る限り、FIPによる腹水の可能性が高いのではないかと言わざるをえません。
ウィルスの検査には抗原検査、抗体検査と呼ばれるものがあります。
簡単に言うと、抗原検査とはウィルスそのものを検出する検査、抗体検査とはウィルスに対するネコちゃん自信の体から作られる反応物質を検出する検査になります。
腹水のFIP陽性がもし抗原検査であればほぼ間違いないと思います。
抗体検査の場合であればその抗体の倍率が高ければ高いほど、FIPである可能性が高くなるといわれています。
詳しいデータがこちらhttp://www.canine-lab.jp/nwes/news1.pdf#search='FIP 診断基準'にのっていますので、少しわかりずらいかもしれませんが参考にしてください。

現在 のところFIPの確定診断は抗原検査によるネココロナウィルス(FCoV)抗原陽性ということになりますが、抗原陰性の場合でも抗体価が一定以上高く、高タンパク血症やA/G比(アルブミン/グロブリン比)の低下などの血液検査所見、その他の検査所見をもとに診断を下すことが一般的です。
尿検査ではFIPに有用な検査結果は出ないと思われます。
腎不全や肝不全などの可能性もなくはないですが、血液検査、腹水検査、レントゲン、エコーなどの所見にでてきていないのであれば考えにくいです。

FIPという病気は現在のところ、どの治療法が一番いいということがはっきりわかっておりません。
ただし、ウィルスと免疫のバランスがとれないことが症状の悪化の一つの要因になると考えられていますので、免疫力を下げるようなストレスがないことが望ましいと思われます。あとはどの程度効果があるのかは実証されておりませんが、免疫を高めるようなサプリメントによっても悪化を遅らせることができるかもしれません。
食欲があるうちは栄養のあるもの(偏らないように)をしっかり食べさせることも大事だと思います。

猫 についての関連する質問