JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

130 13.6

質問者の質問

初めまして。
10歳を越える猫ですが、6月16日に、BUN130以上クレアチニン13.6以上で、3日間入院。(血管点滴)
7月5日現在で、BUN38クレアチニン4.6に下がったのですが、まったく食欲がありません。
入院当初は、PCVが39%あったのですが、現在は18%。(リンは、5.1です。)
現在。エリストポエチンを3回投与しています。

口が原因かということで、歯を抜いてもらうようにしましたが、
根がしっかりしているので、抜くことが出来ませんでした。
口の中に、無理やりえさを放り込んでいる状態ですが、今日は嫌がっています。

2日ほど、抗アレルギー剤を与えているのですが、全然食欲が戻りません。
点滴は、毎日100ccずつしています。

お願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんばんは。

食欲がないのは心配ですね。

でも、最初の腎臓の数字から随分良化しているように思います。

 

食欲がないのは

貧血が改善しきっていない、口が痛い、もともと食が細いので少しでも具合が悪いと食べられない、などの理由が考えられます。

 

歯の処置は全身麻酔下で行ったのですよね?全身麻酔に耐えられのだとすると食道チューブを入れてもらう方法もあります。

食欲のない猫ちゃんにご飯を与えるのは至難の業です。猫ちゃんもまたストレスになります。

強制給仕を飼い主様や病院で行う場合もありますが、食道チューブを入れることで自宅にて必要量の腎臓食を与えることができます。(体力がついてきます)

飼い主様のイメージがあまり良くないため、病院側から積極的に進めないことも多いです。しかし、一度食道チューブを入れると1か月ほど入れたままにできること、ストレスをあまり与えないで食事を必要量与えられることなどから利点も多いです。また、チューブを入れている最中でも猫ちゃん自身がお口から食べる気になったら食べることが可能です。徐々に食欲が戻ったら、無麻酔でチューブを抜くことが可能です。主治医の先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

回答していただきありがとうございました。

昨夜から今朝にかけて、危篤状態でしたので、途中でキャンセルをかけたのですが、

キャンセルできなかったみたいなので、回答を見せていただきました。

 

歯の治療は、吸引麻酔で10分程度の麻酔時間でした。

食道チューブは、初めから言われていました。

しかし、この方法だけはとりたくなかったのです。

 

今朝の状態からして、数時間の命だと思っていたのですが、少し歩くことが出来たので、

レトルトの商品を水で溶かし、スポイトで数回に分けて飲ませました。

すると、歩き回るようになりました。

 

エリストポエチンは、昨日が予定日でしたがこのような状況では打っても仕方がないと思ったので、病院に行っていません。

今日は、抗生物質を打つ日でしたが、上記の理由で行っていません。

 

食欲が戻らない場合、ステロイドを打つという話も出ています。

行きつけの先生も、どうしてよいかわからないとおっしゃっています。

昨日、今日2日続けて、点滴はしていません。

 

鼻水(どろどろ状態)は、よくでています。

 

お願いいたします。

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんばんは。

 

かなり状態が悪くなっていたのですね。

お口から少し食べ物を飲み込めたのはとても良いことだと思います。

また、このような状態でも点滴はしたほうが良いです。腎不全を抱えているとどんどん脱水してしまいますし、脱水状態によって腎数値が上昇し、気持ちが悪くなり、吐き気、食欲不振をさらにひどくさせます。(猫ちゃんがつらい状態になります)

また、点滴をしながらの抗生剤注射も歯や鼻水のことを考えるとしたほうが良いと思います。

(点滴をしていない状態だと、抗生物質の種類によっては腎臓に負担をかけますので、点滴を行いながらがいいと思います)

 

吐き気がないのであれば少量ずつお口から栄養剤や缶詰フードをミキサーしたものなどを与えてみてください。吐き気があるようであればH2ブロッカーなどの胃薬を処方してもらうといいと思います。チキンスープやアサリスープなどは飲んでくれやすいです。

 

エリスロポイエチンは体力が戻るようでしたら再開してあげると貧血の改善の可能性があります。(すると食欲が出るかもしれません。)

 

また、鼻水が出続けているのであれば、人の赤ちゃん用の鼻水を吸う用具がドラッグストアで売っています。(800円前後)

これを用いて猫ちゃんの鼻にチューブの先を当て、飼い主様が他方の吸い口から陰圧をかけて吸うと鼻水がズルッと出てきます。(途中にストッパーがあるのでお口に入ることはありません。)鼻水が詰まっていると呼吸も苦しくなりますし、においがしないので食欲が無くなります。

 

ステロイドの使用については何とも難しいところだと思います。痛みの改善や、食欲刺激になりますが、根本的に歯の感染症を患っているので、そちらを悪化させてしまう副作用も強いからです。

 

今は皮下点滴をしっかりしてあげて脱水を改善させ、お口から少しずつでも食べ物を与えて体力をつけることが大切だと思います。

kikurageをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

昨日は、回答していただきありがとうございました。

ご報告をいたします。

 

今日、動物病院にいきました。

危篤状態のことなどを話しました。

抗生物質は、粒上のお薬を1粒もらいました。

(ひどいときは、3日に1度注射をしてもらいました。)

そして、短期型のステロイドを打ちたいと言われ、しぶしぶ打ってもらいました。

エリストポエチンは、もうちょっと待ってほしいとお願いしました。

 

 

未だに自分からは、食事を食べようとしません。

アイムスの栄養アシストを買って、水に溶かして現在与えています。

お昼に飲ませたのは、嘔吐していたみたいですが、

夜に与えたのは未だに嘔吐していません。

 

点滴は、毎日100ccずつ与え続ける予定です。

今通っている先生は、もしかして今日か明日に死ぬかもしれないとおっしゃっています。

 

今は、気分よく過ごしています。

 

ただ、ご報告だけしたかったので、ご返答はどちらでもよろしいです。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

昨日は、回答していただきありがとうございました。

ご報告をいたします。

 

今日、動物病院にいきました。

危篤状態のことなどを話しました。

抗生物質は、粒上のお薬を1粒もらいました。

(ひどいときは、3日に1度注射をしてもらいました。)

そして、短期型のステロイドを打ちたいと言われ、しぶしぶ打ってもらいました。

エリストポエチンは、もうちょっと待ってほしいとお願いしました。

 

 

未だに自分からは、食事を食べようとしません。

アイムスの栄養アシストを買って、水に溶かして現在与えています。

お昼に飲ませたのは、嘔吐していたみたいですが、

夜に与えたのは未だに嘔吐していません。

 

点滴は、毎日100ccずつ与え続ける予定です。

今通っている先生は、もしかして今日か明日に死ぬかもしれないとおっしゃっています。

 

今は、気分よく過ごしています。

 

ただ、ご報告だけしたかったので、ご返答はどちらでもよろしいです。

 

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

 

ご報告いただき、ありがとうございます。

少しでも気分が良い状態になるといいですね。

点滴を毎日入れてあげるだけでも脱水が改善されて少しは楽になると思います。

点滴の量ですが、2kgだと100mlまで、3kgだと150mlまで、4kgだと200mlくらいまでは大丈夫です。(心臓が悪い場合はもう少し少なくなります)

 

食べ物は少しずつ、何回かに分けて与えたりすると吐きにくいと思います。

 

無理しすぎずに、見てあげてください。猫ちゃんは飼い主様に良くしていただいて、きっと幸せだと思います。

 

※回答欄の下に「承認」押してください、とメッセージがでますが、設定されているものなので、気にしないでください。

質問者: 返答済み 6 年 前.

ご丁寧に回答していただきありがとうございました。

 

14日15時44分に他界しました。

午前中に与えた食事を嘔吐して、最後は、便を垂れ流し状態でした。

13時ごろから、何回か悲鳴を上げて最後は眠るように亡くなりました。

 

入院から1ヶ月、正直早すぎた死でしたが、出来るだけのことはしました。

 

今回はありがとうございました。

猫 についての関連する質問