JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

MT

質問者の質問

こんばんは、長野県のMTと申します
我が家の飼い猫のことでお伺いしたいのですが
雄で17歳、完全室内飼いです

一年くらい前に右足の内側に1.5㎝ほどの大きさで、丸い出来物が出来ました
以前にも同様の脂肪の塊が出来たことが有り

今回もさして気にしてないようだったのでそのままにしておいたのですが、
最近(一ヶ月前)気になるのか痒いのかそこを舐めて舐めて毛が抜けて
さらに皮膚が無くなり肉がむき出しの状態で真っ赤でじくじくして出血し化膿して、
歩くことも困難な状態になりました。

獣医さんに見て貰ったのですが、おそらくガンでしょうといわれ、
といあえず傷口用に化膿止めの治療と抗生物質の液薬を頂きました
ガンの治療は高齢であることと、家を離れるストレスが大きいためしないことにしました

その後、歩けるようには成りましたが
足の出来物の状態は変わらず、毎日傷口を消毒(マキロンで)しガーゼを当てて包帯をしていますが、ガーゼの交換時に毎回出血し大変痛がり、傷が回復しません
このままこのような事を続けてもよいものなのでしょうか


動物病医院に連れて行くのが良いのは解っていますが
家から遠く、車で連れて行くしか無いのですが
この子は車にとても弱く、おびえて気が狂ったように泣き叫びお漏らしもしてしまいます
相当なストレスがかかるので、連れてゆけません

せめて傷口だけでも塞げたらと思います
このような状態でなにか良い方法は無いでしょうか
よろしくお願い致します
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんばんは。

そのような状態で病院に連れていけないのはとても大変なこととお察しします。

家でできる管理について記載させていただきます。

残念ながら、腫瘍と仮定して、その表面の皮膚がはがれて出血が始まった場合、完治することはなかなか難しいです。腫瘍細胞は普通の細胞ではないのでとても脆いのです。そこで、目標とするところは感染に対する防御、ガーゼ交換の際の出血と痛みに対する対応だと思われます。

○消毒薬は残存すると傷の治癒を妨げることがあるので、消毒後、滅菌精製水(しみる)または生理食塩水(しみない)または水道水(しみる)で洗い流してください。

○傷の周囲が赤くはれていたり、熱を持っていたり、痛がったりしているときは感染していますので、外用の抗生物質を使用してください。(動物病院に送ってもらうように頼んでみるといいとおもいます。)

○現在、傷の治療は「乾かさない」ことが大切であるとわかっています。消毒して、乾いたガーゼを張るとガーゼ交換の時に痛みや出血を伴い、創傷治癒を妨げます。「湿潤方式」の創傷管理をおすすめします。

もし手に入るのであればガーゼではなく創傷被覆材(例;カルトスタットやソーブサン、ハイドロサイトADやデュオアクティブなど)による管理をされたほうがいいです。動物病院に相談されて、注文できるようであればお願いされてはいかがでしょうか(少し高価です)これらのガーゼははがすときに傷にくっつかず、痛みがありません。また、出血や浸出液などの吸収能力が高いので1-2日持ちます。前者2つは止血効果もあります。さらに湿潤環境に保ちますので、傷の表面が治りやすくなります。

以上の創傷被覆材が手に入らない時は以下のように対応します。

1、ガーゼを生理食塩水(または水道水)で十分濡らす(持ち上げても水が落ちてこない程度)

2、傷口に当てる

3、その上に乾いたガーゼを当てる

4、上からラップをまく

5、テープで留める

ガーゼ交換の頻度は1日1-3回(程度によります。)

※「ラップ療法」で検索すると詳しい方法がわかります。

また、舐めてガーゼをずらして傷が出てしまうようであれば、手作りのくつしたを使用するか、ネッカーなどのバイトブロックを使用したほうがいいと思います。猫ちゃんのストレスにならない程度に・・・・

 

捕捉:ミニプロフィールが不具合で表示されなくなっています。獣医師、動物病院勤務10年以上です。

猫 についての関連する質問