JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sasakiに今すぐ質問する
sasaki
sasaki, 経営コンサルタント
カテゴリ: ビジネス・キャリア
満足したユーザー: 13
経験:  早稲田大学 大学院 博士課程後期 (中退)
65045214
ここに ビジネス・キャリア に関する質問を入力してください。
sasakiがオンラインで質問受付中

海外子会社に出向する場合に、出向日や滞在日数が、課税などに関わってくると聞きました。どのように関わってきますか

解決済みの質問:

海外子会社に出向する場合に、出向日や滞在日数が、課税などに関わってくると聞きました。どのように関わってきますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ビジネス・キャリア
専門家:  sasaki 返答済み 5 年 前.
海外に赴任する場合、出向き先の国にもよりますが、基本的には1月1日から起算して180日以上一カ国に滞在すると、現地の基準で所得税の課税がなされるこ とになります(所謂、180日ルールと言われているものです)。
これは、何度入出国を繰り返したとしても、合計で180日以上滞在した場合に適用されます。
また、日本での所得税額と相殺する必要がある場合もありますので、その場合は一旦出向き先の国で納税し、後から日本の課税基準で算出した納税額と比較して残りの分を納税又は還付の手続きをすることになります。
手続き的な部分は、会社の経理又は総務などの担当部署に確認されると良いでしょう。
sasakiをはじめその他名のビジネス・キャリアカテゴリの専門家が質問受付中

ビジネス・キャリア についての関連する質問